• Japanese
  • English
  • 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

教員プロフィール・教育研究業績

顔写真

藤井 匡 
フジイ タダス / FUJII Tadasu

職位:准教授
担当専攻領域/科目群:人間形成科目、学芸員課程、大学院、専門理論科目、教職課程


  • プロフィール
  • 経歴詳細
  • 教育活動
  • 職務上の実績
  • 研究活動

研究分野

彫刻を中心とする日本の近現代美術 (美術史および美術評論)



略歴

2012年着任。1970年山口県生まれ。九州大学文学部卒業。1995年から2007年まで宇部市役所学芸員として『現代日本彫刻展』ほかの展覧会を担当。後にフリーランスとして、東京や大阪での展覧会や、日本各地でのアート・プロジェクトに携わる。東京造形大学附属美術館での担当展覧会に「成田克彦 実験の続き」「勝見勝 桑澤洋子 佐藤忠良 東京造形大学 教育の源流」「大辻清司・高梨豊 写真の「実験室」と「方法論」」など。著書に『現代彫刻の方法』(美学出版)、『公共空間の美術』『風景彫刻』『眞板雅文の彫刻=写真』(いずれも阿部出版)など。


学歴

1995年 3月九州大学文学部哲学科美学美術史研究室卒業 (学士)


職歴

1995年 4月宇部市役所 学芸員(美術)  ~2007年12月
2008年 3月京都造形芸術大学学科共通工房ウルトラファクトリー マネージャー  ~2008年12月
2009年 4月名古屋芸術大学 非常勤講師  ~2012年3月
2010年 4月広島市立大学 協力研究員  ~2013年3月
2011年 4月京都精華大学 非常勤講師  ~2012年3月
2012年 4月京都精華大学 客員研究員  ~2013年3月
2012年 4月東京造形大学 准教授 (現在に至る)
2013年 4月日本大学芸術学部 非常勤講師 (現在に至る)
2013年 5月広島市立大学 客員研究員  ~2014年3月


学会及び社会における活動等

2007年 5月第13回本郷新賞 推薦委員 (2009年 第14回、2011年 第15回も)
2008年 6月UBEビエンナーレ 企画員  ~2009年3月
2009年 6月北名古屋市モニュメント等作品公募 審査員
2011年 4月西春駅前モニュメント制作コンペティション 審査委員
2012年 9月東京芸術大学課程博士学位論文審査委員 ~2013年3月 (2019~20年も)
2013年 1月特定非営利活動法人コンテンポラリー・アート・ジャパン 理事 (現在に至る)
2017年 7月花とアートの岬づくりプロジェクト 委員  ~2019年3月
2018年 4月八王子市彫刻アドバイザー (現在に至る)
2018年 9月さいたま国際芸術祭2020 市民プロジェクト 顧問  ~2020年7月
2020年 9月美術と街巡り事業実施委員会 委員 (現在に至る)
2020年 10月一般財団法人プラザ財団 理事 (現在に至る)


賞罰

2000年 10月第1回月刊ギャラリー美術評論公募 入選
2002年 12月第3回月刊ギャラリー美術評論公募 第三席
2020年 2月東京造形大学 学長賞 (Zokei Da Vinci Project)
2021年 1月桑沢学園賞 (Zokei Da Vinci Project)



教育方法の実践例

講義および実習授業において、以下の取り組みを行っている 
/ 

1. パワーポイントを用いた講義 2012年~
2. リアクションペーパーを活用した質疑応答の実施 2012年~
3. 校外授業の実施 (首都圏の美術館、京都奈良の社寺など) 2015年~
4. 附属美術館での展覧会と連携した授業 (ギャラリートーク) 2015年~
5. ゲスト講師を招聘しての講義 2015年~
6. google meet を活用したオンライン授業 2020年~



作成した教科書、教材

現在公開している情報はありません。



教育上の能力に関する評価(自己評価)

現在公開している情報はありません。



実務経験を有する者についての特記事項

学芸員の実務経験 
/ 

学芸員の実務経験に基づいて、以下の授業を実施している。博物館概論 (2012年~)、博物館資料論 (2012年~)、博物館実習I・II (2014年~2019年)、博物館実習III (2020年~)



その他

授業外での講義 (学内) 
/ 2013年 ~

1. ディスカッション (司会) / 共同 / 『Mポリフォニー2013 joint』関連企画, 2013年7月
2. STUDY Vol.2 人体はどこで切るのか / 共同 / 東京造形大学 CS-Lab, 2013年10月
3. ギャラリートーク / 共同 / 『3+1』関連企画, 2014年5月
4. ディスカッション (司会) / 共同 / 展覧会『Mポリフォニー2014 チャンネル』関連企画, 2014年7月
5. ディスカッション (司会) / 共同 / 『rgb+ 2014 exhibition vol.6』関連企画, 2014年12月
6. ブレインストーミング 「かたち」と「いろ」のきわ / 共同 / 東京造形大学 CS-Lab, 2014年12月
7. ディスカッション (司会) / 共同 / 『Mポリフォニー2015 アングル』関連企画, 2015年7月
8. ディスカッション (司会) / 共同 / 『Mポリフォニー2016 原(形/型)』関連企画, 2016年7月
9. 座談会 ミニマリズム以降の人間像 / 共同 / 東京造形大学11号館 (彫刻棟), 2017年7月
10. 座談会 / 共同 / 『東京造形大学×名古屋芸術大学 共同企画交流展』関連企画, 2017年9月
11. ディスカッション (司会) / 共同 / 『Mポリフォニー2018 GENERATING LINE』関連企画, 2018年7月
12. 座談会 ナチュラリズムとリアリズム - 人間像の着彩 / 共同 / 東京造形大学11号館 (彫刻棟), 2018年7月

高等学校での講義 (出張授業) 
/ 2015年 ~

2015年度 都立雪谷高等学校,都立世田谷総合高等学校
2016年度 トキワ松学園高等学校, 神奈川県立追浜高等学校,国府台女子学院高等部,千葉県立市川東高等学校, 都立世田谷総合高等学校
2017年度 埼玉県立越生高等学校, 神奈川県立港北高等学校, 都立若葉総合高等学校, 神奈川県立橋本高等学校
2018年度 埼玉県立越生高等学校, 都立若葉総合高等学校, 神奈川県立大和西高等学校, 神奈川県立橋本高等学校, 都立王子総合高等学校
2019年度 埼玉県立越生高等学校, 神奈川県立藤沢清流高等学校, 横浜清風高等学校, 神奈川県立住吉高等学校, 横浜市立東高等学校
2020年度 八王子実践高等学校, 埼玉県立越生高等学校, 都立若葉総合高等学校

高等学校での講義 (接続教育プログラム) 
/ 2019年 ~

2019年度 埼玉県立大宮光陵高等学校



資格、免許

・学芸員資格1995年 3月


特許等

現在公開している情報はありません。


実務経験を有する者についての特記事項

東京造形大学附属美術館 学芸員 
/ 2014年 ~



その他

東京造形大学附属美術館での展覧会キュレーション 
/ 2015年 ~

1. ジャコモ・マンズー 恋人たち -ひとつになるもの (2015年4月)
2. 成田克彦 -実験の続き (2015年10月)
3. 勝見勝 桑澤洋子 佐藤忠良 -東京造形大学 教育の源流 (2016年10月)
4. 大辻清司 高梨豊 -写真の「実験室」と「方法論」 (2017年9月)

東京造形大学附属美術館でのトークイベントへの登壇 
/ 2015年 ~

1. ジャコモ・マンズー展 (2015年) ギャラリートーク [4回]
2. 成田克彦展 (2015年) シンポジウム, ギャラリートーク [4回]
3. 勝見勝 桑澤洋子 佐藤忠良展 (2016年) シンポジウム, ギャラリートーク [3回]
4. 大辻清司 高梨豊展 (2017年) シンポジウム, ギャラリートーク [2回]
5. CSP4 (2017年) シンポジウム
6. 母袋俊也展 (2019年) シンポジウム, ギャラリーツアー




著書

 
/  / 

1. 現代彫刻の方法 / 単著 / 美学出版,2014年3月
2. 公共空間の美術 / 単著 / 阿部出版,2016年2月
3. 成田克彦「もの派」の残り火と絵画への希求 / 共著 / 東京造形大学現代造形創造センター,2017年3月
4. 語られる佐藤忠良 -彫刻・デザイン・美術教育- / 共著 / 学校法人桑沢学園,2017年12月
5. 風景彫刻 / 単著 / 阿部出版,2018年2月
6. 眞板雅文の彫刻=写真 / 単著 / 阿部出版,2020年3月
7. よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ 作品復元プロジェクト / 共著 / 東京美術,2020年9月
8. ビジネスエリートのための!リベラルアーツ 西洋美術 / 共著 / すばる舎,2020年12月

【発行所/発表場所】
 



学術論文

 
/ 

1. 20世紀後半の彫刻における風景表現 / 単著 / 東京造形大学研究報16, 2015年3月
2. 対馬芸術実験プロジェクトの実施 / 共著 / 広島市立大学芸術学部紀要19, 2015年3月
3. 奥行きとしての彫刻空間 -若林奮と國府理を中心に- / 単著 / 東京造形大学研究報17, 2016年3月
4. 展覧会報告:ジャコモ・マンズー展 恋人たち -ひとつになるもの / 単著 / 東京造形大学研究報18, 2017年3月
5. 展覧会報告:勝見勝 桑澤洋子 佐藤忠良 -東京造形大学 教育の源流 / 単著 / 東京造形大学研究報19, 2018年3月
6. ロダニズムという視覚:中原悌二郎の〈老人像〉について / 単著 / 東京造形大学研究報20, 2019年3月
7. 大辻清司 高梨豊 写真の「実験室」と「方法論」 / 編著 / 東京造形大学研究報 別冊15, 2019年3月
8. 関係的な像をつくる:庄司達の1970年代 / 単著 / 東京造形大学研究報21, 2020年3月

【発行所/発表場所】
 



3.その他

【その他】

 / 

【展覧会図録等への執筆 2012年度以降 (学外)】

1. AZUL:山口のアーティスト達の”青” / 単著 / 『AZUL : 山口のアーティスト達の”青”』パンフレット, 2013年3月
2. 鉄の彫刻は終わったのか / 単著 / 『IRON ∞ MAN』パンフレット, 2013年3月
3. 東方の光 - 管懐賓と廬意の映像作品 / 単著/ 『第4回CAJアーティスト・イン・レジデンス』パンフレット, 2013年3月
4. 「歩く男」のために / 単著 / 『歩く男』リーフレット, 2013年4月
5. 塩谷良太 圧縮から実現される量 / 単著 / 『OAP彫刻の小径2013』リーフレット, 2014年2月
6. 山添潤 石塊の中心へ向かう / 単著 / 『OAP彫刻の小径2013』リーフレット, 2014年2月
7. 鈴木のぞみ/田神光季/茂木美里 / 単著 / 『CAJ AIR 若手育成プログラム』パンフレット, 2014年3月
8. 戸田裕介 彫刻における重さと軽さ ほか15本 / 単著 /『ボトルシップ・ラプソディ』カタログ, 2014年4月
9. 彫刻は置物か? / 単著 / 『AGAIN-st 置物は彫刻か?』会場配布資料, 2014年6月
10. アウェーゲーム -茶碗に勝てるか- / 単著 / 『第6回柳瀬荘アート・教育プロジェクト』会場配布資料, 2014年10月
11. 対馬は今なお周縁か / 単著 / 『対馬アートファンタジア2011-2013』報告書, 2014年10月
12. 彫刻の水平性と感情移入 / 単著 / 『井田勝己彫刻展』DM掲載文章, 2014年10月
13. 「新しい平面」以降の「平面」 / 単著 / 『絵画礼讃』会場掲出テキスト, 2014年12月
14. 敵対者を召喚する理由 / 単著 / 『第6回柳瀬荘アート・教育プロジェクト』図録, 2015年3月
15. アソシエーションとしての彫刻シンポジウム / 単著 / 『神石高原アートプロジェクト』報告書, 2015年3月
16. 版画の間メディウム性 / 単著 / 『版画の薫風』会場掲出テキスト, 2015年3月
17. On the Exhibition Room / 単著 / 『On the Exhibition Room』リーフレット, 2015年4月
18. Daydream Believer / 単著 / 『國府理の仕事と仲間たち』文章出品, 2015年5月
19. 外礒秀紹 規則からつくられる彫刻の展開 / 単著 / 『OAP彫刻の小径』リーフレット, 2015年6月
20. 吉野央子 木彫の可能なる現在 / 単著 / 『OAP彫刻の小径』リーフレット, 2015年6月
21. アウラの行方 / 単著 / 『アウラの行方』リーフレット, 2016年9月
22. デュシャン以降の工芸 / 単著 / 『木谷洋 停止された機能を』フライヤー, 2016年9月
23. イリュージョンの肌理に逆らう / 単著 / 『高山夏希 絡まり合う距離まで』フライヤー, 2016年11月
24. 面白いことはすべて、道の途中で起こる。 / 単著 / 『アーツさいたま・きたまちフェスタ 2016 DX』パンフレット, 2016年11月
25. 風景を引き寄せる場所 / 単著 / 『痕跡と風景』フライヤー, 2016年12月
26. 「顔」に向き合う - 鑑賞距離と感情移入 / 単著 / 『髙橋匡太 -光のフォークロア-』図録, 2017年1月
27. 空気さんと出会う場所 / 単著 / 『アートで解明! 空気の正体』図録, 2017年3月
28. 二つのプロセス -「持続性」と「時間の空間化」 / 単著 / 『方法の発露 2016 -地域性と個人性-』批評集, 2017年3月
29. 手土産をどうしようか考える / 単著 / 『AGAIN-ST BOOK』, 2017年4月
30. 彫刻にとって平和とはなにか / 単著 / 『アゲインスト第6回:平和の彫刻』会場配布資料, 2017年4月
31. 戸田裕介:埋もれていたものを掘り起こす / 単著 / 『戸田裕介 青らむ天のうつろのなかへ -fragile VII-』会場配布資料, 2017年11月
32. テーマのない展覧会に何を見るのか / 単著 / 『アーツさいたま・きたまちフェスタvol.4』パンフレット, 2018年3月
33. 版画と線 / 単著 / 『版画の妙味』会場掲出テキスト, 2019年7月
34. 牛尾啓三の「Sculpture by the Sea」以後 / 単著 / Keizo Ushio 20 Sculptures 1999-2018 Sculpture by the Sea, 2019年9月
35. 接続と切断、空間的に/時間的に / 単著 / 『長谷宗悦展』リーフレット, 2019年10月
36. Zokei Da Vinci Project - 東京造形大学の実践 / 単著 / 『ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展』パンフレット, 2020年1月
37. 壊れた道具の制作論 / 単著 / 『方法の発露2019 -制作論の再検討-』記録集, 2020年3月
38. 民主主義のレッスンを / 単著 / 『さいたま国際芸術祭2020市民プロジェクト』批評誌, 2020年3月
39. 見えないものを見るということ / 単著 /『柳原義達への手紙』パンフレット, 2020年6月
40. 長谷宗悦:リアリズムの彫刻 / 単著 / 『長谷宗悦展』会場掲出テキスト, 2020年9月


【発行所,発表雑誌/学会等の名称】
 

 / 

【定期刊行物 2012年度以降】

1. 「方法」を見る条件 / 単著 / 『MAPPING』創刊準備号, 2012年11月
2. 「彫刻のわからなさ」再考 / 単著 / 『MAPPING』創刊号, 2014年2月
3. 歴史概念としての立体造形 / 単著 / 『MAPPING』2号, 2014年6月
4. 方法が発露するとき / 単著 / 『MAPPING』3号, 2014年11月
5. 書評「パブリックアートの展開と到達点(松尾豊著)」 / 単著 / 新潟日報, 2015年5月
6. 場の固有性に逆らう / 単著 / 『MAPPING』4号, 2015年7月
7. 裁判の判決を美術批評として読む / 単著 / 『MAPPING』5号, 2016年10月
8. アートプロジェクトと貴種流離譚 / 単著 / 『MAPPING』6号, 2017年1月
9. 『美術史の基礎概念』を使用する / 単著 / 『MAPPING』7号, 2017年8月
10. 中井川由季 自然のアウラを吸い込む / 単著 / 『炎芸術』134号, 2018年5月
11. 相互批評 / 共著 / 『MAPPING』8号, 2018年5月
12. 河口龍夫 -関係という名の贈与 / 単著 / 『MAPPING』9号, 2018年11月
13. 本とともに読む / 単著 / 『MAPPING』9号, 2018年11月
14. 「何だか分からないもの」の贈与 -飯田竜太《木の本を配る》 / 単著 / 『Search & Destroy』2号, 2019年4月
15. 荻原守衛《女》と自由間接話法 / 単著 / 『Search & Destroy』3号, 2019年10月
16. 松本ヒデオ 招喚されるイメージ、現出する様式 / 単著 / 『炎芸術』140号, 2019年11月
17. 1974年のレオナルド・ダ・ヴィンチ / 単著 / 『Search & Destroy』4号, 2020年4月
18. 公共空間の公共性について / 単著 / 『Search & Destroy』5号,2020年10月

【発行所,発表雑誌/学会等の名称】
 

 / 

【展覧会キュレーション等 2012年度以降 (学外)】

1. 枯木又プロジェクト2012/越後妻有アートトリエンナーレ / 共同 / 新潟県十日町市枯木又地区, 2012年7月
2. ART of ENERGY vol.1 プロメテウスの来たりし処 / 単独 / ヒストリア宇部,山口県宇部市, 2012年8月
3. 仙養ヶ原シンポジウム2012 / 共同 / 平成24年8月 仙養ヶ原ふれあいの里,広島県神石高原町, 2012年8月
4. Azul : 山口のアーティストたちの”青” / 単独 / ルネッサ長門,山口県長門市, 2012年12月
5. 歩く男 / 単独 / CAS,大阪府大阪市, 2013年4月
6. 仙養ヶ原シンポジウム2013 / 共同 / 仙養ヶ原ふれあいの里,広島県神石高原町, 2013年8月
7. ボトルシップ・ラプソディ / 共同 / TOKYO ART MUSEUM・Plaza Gallery,東京都調布市, 2013年9月
8. 高見島プロジェクト2013/瀬戸内国際芸術祭 秋 / 共同 / 香川県多度津町高見島, 2013年10月
9. 対馬アートファンタジア2013 / 共同 / 長崎県対馬市, 2013年10月
10. AGAIN-st 置物は彫刻か? / 共同 / 東北芸術工科大学,山形県山形市, 2014年6月
11. 静物/彫刻 オブジェと置物の間隙に / 単独 / Gallerie SOL,東京都中央区, 2014年6月
12. 方法の発露2014 -ジャンルの根拠- / 単独 / ギャラリー緑隣館,埼玉県上尾市, 2014年9月
13. アウェーゲーム -茶碗に勝てるか- / 単独 / 柳瀬荘,埼玉件所沢市, 2014年10月
14. 対馬アートファンタジア2014 / 共同 / 長崎県対馬市, 2015年10月
15. On the Exhibition Room / 単独 / CAS,大阪府大阪市, 2015年3月
16. 小さな星をさがして / 共同 / 星と森の美術館,新潟県十日町市, 2015年8月
17. 対馬アートファンタジア2015 / 共同 / 長崎県対馬市, 2015年8月
18. 方法の発露 2016 -地域性と個人性- / 共同 / しいのき迎賓館,石川県金沢市, 2016年6月
19. 木谷洋 停止された機能を / 単独 / Plaza Gallery,東京都調布市, 2016年9月
20. アウラの行方/ 単独 / CAS,大阪府大阪市, 2016年9月
21. 高山夏希 絡まり合う距離まで / 単独 / Plaza Gallery,東京都調布市, 2016年11月
22. 痕跡と風景 / 共同 / Gallerie SOL,東京都中央区, 2016年12月
23. 批評の契機 / 共同 / ギャラリー緑隣館,埼玉県上尾市, 2018年6月
24. 引込線/放射線/ 共同/ 埼玉県所沢市, 2019年9月
25. Challenge Art in Japan 2019 イル・イチ・イル / 共同 / 韓国文化院ギャラリーMI,東京都新宿区, 2019年11月
26. ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展 / 共同 / 代官山ヒルサイドフォーラム,東京都渋谷区, 2020年1月

【発行所,発表雑誌/学会等の名称】
 

 / 

【講演・シンポジウム等 2012年以降 (学外)】

1. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『COVER』関連企画,大阪府大阪市, 2012年8月
2. 市民フォーラム / 共同/ ヒストリア宇部,山口県宇部市、2012年8月
3. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『プロメテウスの来たりし処』関連企画,山口県宇部市, 2012年8月
4. シンポジウム / 共同 / 『仙養ヶ原シンポジウム2012』関連企画,広島県神石高原町, 2012年9月
5. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『第5回柳瀬荘アート・教育プロジェクト』関連企画,埼玉県所沢市, 2012年11月
6. シンポジウム / 共同 / 広島市立大学芸術資料館,広島県広島市, 2012年11月
7. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『Azul : 山口のアーティストたちの”青”』関連企画,山口県長門市, 2012年12月
8. シンポジウム / 共同/ 『XYZ』関連企画,東京都中央区, 2013年1月
9. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『歩く男』関連企画,大阪府大阪市, 2013年4月
10. トークイベント / 共同 / 『仙養ヶ原シンポジウム2013』関連企画,広島県神石高原町, 2013年9月
11. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『ボトルシップ・ラプソディ』関連企画,東京都府中市, 2013年9・10・11・12月
12. かがわ・山なみ芸術祭 意見交換会 / 共同 / 国営讃岐まんのう公園,香川県まんのう町, 2013年10月
13. アンソニー・カロ 追悼 座談会 / 共同 / 日本大学芸術学部 彫刻研究室,東京都練馬区, 2013年11月
14. トークイベント / 共同 / 『バンジージャンプ !!!』関連企画,東京都練馬区, 2014年3月
15. トークライブ / 共同 / 『AGAIN-st 置物は彫刻か?』関連企画,山形県山形市, 2014年6月
16. ギャラリートーク / 共同 / 『静物/彫刻』関連企画,東京都中央区, 2014年7月
17. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『方法の発露2014』関連企画,埼玉県上尾市, 2014年9月
18. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『アウェーゲーム』関連企画,埼玉県所沢市, 2014年10月
19. アーティストトーク (聞き手) / 共同 / 『鷹尾俊一彫刻展-像-』関連企画,東京都練馬区, 2014年11月
20. ディスカッション / 共同 / 『フィールドから考える 写真と映像を通じた社会連携』関連企画,東京都八王子市, 2014年12月
21. ギャラリートーク / 共同 / 『アーツさいたま・きたまちフェスタ』関連企画,埼玉県さいたま市, 2015年2月
22. シンポジウム / 共同 / 『アーツさいたま・きたまちフェスタ』関連企画,埼玉県さいたま市, 2015年2月
23. ギャラリートーク (司会) / 共同 / 『Abflug 2015 光へ向かって』関連企画, 2015年3月
24. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『On the Exhibition Room』関連企画,大阪府大阪市, 2015年4月
25. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『OAP彫刻の小径』関連企画,大阪府大阪市, 2015年6月
26. シンポジウム / 共同 / 『林武史ワークショップ』(揖斐幼稚園) 関連企画,岐阜県揖斐川町, 2015年8月
27. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『小さな星をさがして』関連企画,新潟県十日町市, 2015年9月
28. ギャラリートーク (司会) / 共同 / 『Abflug 2016 行方の灯台』関連企画, 2016年3月
29. ギャラリートーク / 共同 / 『方法の発露 2016 -地域性と個人性-』関連企画,石川県金沢市, 2016年6月
30. シンポジウム / 共同 / 『方法の発露 2016 -地域性と個人性-』関連企画,石川県金沢市, 2016年6月
31. オープニングトーク / 共同 / 『アウラの行方』関連企画,大阪府大阪市, 2016年9月
32. クロージングトーク / 共同 / 『アウラの行方』関連企画,大阪府大阪市, 2016年10月
33. トークセッション / 共同 / 『アーツさいたま・きたまちフェスタ 2016 DX』関連企画,埼玉県さいたま市, 2016年11月
34. アーティストトーク (司会) / 共同 / 『痕跡と風景』関連企画,東京都中央区, 2016年12月
35. 意見交換プログラム / 共同 / 『美術と街巡り・浦和』関連企画,埼玉県さいたま市, 2017年3月
36. トークライブ / 共同 / 『アゲインスト第6回:平和の彫刻』関連企画,東京都渋谷区, 2017年4月
37. トーク&レクチャー / 共同 / 『EXPERIMENTAL FIELD TOKYO』関連企画,東京都新宿区, 2017年5月
38. 講演会 / 共同 / 『旭川彫刻フェスタ2017』関連企画,北海道旭川市, 2017年10月
39. 対談 / 共同 / 平成29年11月 『戸田裕介展』関連企画,東京都調布市, 2017年11月
40. オープニングトーク / 共同 / 『美術と街巡り・浦和』関連企画,埼玉県さいたま市, 2018年3月
41. アーティストトーク / 共同 / 『アーツさいたま・きたまちフェスタvol.4』関連企画,東京都さいたま市, 2018年3月
42. キュレータートーク / 共同 / 『批評の契機』関連企画,埼玉県上尾市, 2018年6月
43. 幸手アート未来会議 / 共同 / 『幸手アートさんぽ』関連企画,埼玉県幸手市, 2019年3月
44. ダ・ヴィンチ没後500年記念シンポジウム / 共同 / 八王子市生涯学習センター クリエイトホール,東京都八王子市, 2019年5月
45. トークイベント「彫刻の居場所は複数ある」 / 共同 / 『引込線/放射線』関連企画,埼玉県所沢市, 2019年10月
46. トークイベント「メディアの再発明?」 / 共同 / 『引込線/放射線』関連企画,埼玉県所沢市, 2019年10月
47. シンポジウム / 共同 / 『ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展』関連企画,東京都渋谷区, 2020年1月
48. 美術鑑賞講座 / 単独 / 川口市立アートギャラリー・アトリア,埼玉県川口市, 2020年9月
49. トークセッション (オンライン) / 共同 / 『方法の無意識 -方法の発露2020-』関連企画, 2020年10月
50. シンポジウム (オンライン) / 共同 / 法政大学 江戸東京研究センター主催, 2020年11月

【発行所,発表雑誌/学会等の名称】
 




Gallery