• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

映画・映像専攻領域

撮影から上映までの流れを技術とともに学ぶ。

日常のなかにある世界をどのように映画に取り組み(撮影)、映像の連なりとして捉え(編集)、再び外部へと発信(上映)していくか。長い歴史のなかで培われたさまざまな映画技術を学びながら、制作から発表までの一連の流れを学びます。

芸術的な映像表現のための精神と技法を習得する。

劇場で公開される商業映画のみが、本専攻領域が目指すところではありません。現代芸術の一環でもある表現手法を学ぶために、メディアとしての映像の必要性、そこから発信されるコミュニケーションの手法、その制作に必要な技術などを習得していきます。

音響と映像との強固な結びつきを知る。

映画は、連続した画像(映像)と音が融合した芸術でもあります。本年度からは、その音の部分にフォーカスを当て、音響技術の講座を強化していきます。また、音響と映像との関係性についても、詳しく講義していきます。


学生の作品


4年間の学修の流れ

1年次 感覚を研ぎ澄ます

知識やテクニックなしに、まずは撮ってみる、制作してみる! 既存のジャンルや方法論を疑い、虚心坦懐に世界を感じることから始めます。「個人制作」における構想・撮影・編集・上映までの創作のサイクルを体得。「グループ制作」における他者との協働の楽しさと困難さを体感します。

2年次 技法を発明する

1年次の表現行為の基本的態度を元に、具体的な映像音声機器の取り扱いと、既存の制作方法を批評的に学習します。様々な映画・映像作品の鑑賞と批評を行いながら、演習授業での個人制作・グループ制作の多様な課題制作を通して、創造的な制作方法の意義を実践的に体得していきます。

3年次 拡張する多様な表現を横断

学生一人ひとりのオリジナルな表現の獲得のために、多様な映画・映像表現の実習・演習を繰り返し行います。言葉、ダンス、演劇、音楽、ランドスケープ、コミュニティー、物質としてのフィルム、上映会のマネージメント、批評空間の構築、等々の多彩な課題制作を通して、自分の方向性を探究します。

4年次 各自の進路を見据えた卒業研究制作

1年間かけて自身の掲げる研究課題に取り組み、全学生が、オリジナル作品を一人一本監督します。各自が自身の研究制作を通して、独自の視点を獲得し、現在の世界の状況と真摯に向き合いながら、各自の資質や個性を存分に活かした唯一無二の作品へと結実させるべく、教員が全力でサポートします。


取得可能な資格

中学校教諭1種(美術)教員免許、高等学校教諭1種(美術・工芸)教員免許、学芸員


卒業後の進路

映像作家/ビデオアーティスト/映画監督/映画・映像カメラマン/映像ディレクター/映画編集者/CFディレクター/音響クリエイター/TVディレクター/漫画家/教育系NPOファシリテーター/俳優/映画美術スタッフ/CFプランナー/高等学校美術教員/テレビ番組構成ライター/ミュージシャン ほか


1学年の学生数

37人 *2019年度1~4年の平均学生数


専攻科目の授業内容

Webシラバス


専攻領域サイト

映画・映像専攻領域サイト


担当教員紹介 >教員一覧へ