• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

絵画専攻領域


 

具体的なモノのイメージをつかむ形象表現をスタディする。

絵画を通じ、モノの形やイメージ、現実世界にある事象をもとにした絵画について学習します。各自の作品制作を通して、具体的かつ現実的な対象をテーマとした絵画表現の今日における可能性を追求します。

絵画の奥に込められたメッセージを読み解く。

作品に込められた思想やメッセージなどの概念的要素と色彩、形態、マテリアルなどの物質的要素について、学習します。また、表現をいかに社会化していくかという視点を交えながら、作品制作に取り組みます。

現代にも通じる版のあり方を見いだす。

伝統的な版技法の制作と技術習得をもとに、今日の美術に対応する絵画表現を探ります。制作と発表を繰り返し経験し、版に関する表現能力を高めます。「版」や「型」を発展的にとらえ、新たな間接表現の可能性を探究します。

無限に広がる表現の可能性を追求する。

絵画をはじめ、立体や映像、言語、身体、音、空間表現、または、それらを高度に先端的に複合させた、新たな表現の可能性を探究します。同時に、その表現が、今後の社会において、どのように有効であるかを検証します。


学生の作品


4年間の学修の流れ

1年次 絵画表現の基礎を学ぶ

様々な「見ること、描くこと」を経験し、自分が描くこととは何かを探す「絵画基礎実習A」。自分の表現の視野を大きく広げ、客観的に制作を捉え直してみる「絵画基礎実習B」。また「美術演習A,B」では、古典から現代まで多様な表現のあり方について学び、様々な知識と技術、描法を身に付け、各自の表現の可能性を広げていきます。

2年次 各自の表現の幅を広げる

多様な表現を経験し、制作を通して自己の資質を探る「美術演習C」。「絵画制作Ⅰ」は4つのプログラムの中から各自の表現に適した内容を選択し、制作を進めながら検証と考察を繰り返し、自らの表現の方向性を絞り込んでいきます。「絵画制作Ⅱ,Ⅲ」ではこれまでの経験を踏まえ、各自の表現に向かう第一歩として3年次の研究指標を選択します。

3年次 自己の表現を深める

「絵画制作Ⅳ,Ⅴ」では、自らの表現の方向性に従って4つの研究指標のうちの一つに所属し、自己の作品制作の方向性を構築し、実習制作を通して表現者としての自覚を育みます。また、作家、批評家、研究者など、学外から人材を招いた特別プログラムや学内外でのギャラリー展示なども活発に実施し、広い視野の獲得を目指します。

4年次 4年間の研究成果の集大成

各自の表現の内容や方向性に最も適した教員の一人を、卒業制作の指導教員として選択。各自の制作テーマを基に、マンツーマンの指導で、4年間の研究制作の集大成を目指し作品制作を進めます。また、学生合同の講評会などを通して各自の表現の達成度を検証し、今日における表現者としての姿勢を探求していきます。

卒業研究

各自の表現の内容や方向性に最も適した教育スタッフの一人を、卒業制作の指導教員として選択します。指導教員とのマンツーマンの指導の中で、4年間の学習、制作の成果の集大成を目指して作品を制作します。


取得可能な資格

中学校教諭1種(美術)教員免許、高等学校教諭1種(美術・工芸)教員免許、学芸員


卒業後の進路

アーティスト/画家/版画家/中学校・高等学校教員/イラストレーター/ゲームデザイナー/編集者/各種デザイナー ほか


1学年あたりの人数

77人 *2019年度1~4年の平均学生数


専攻領域ブログ

入試の情報や展覧会情報など絵画専攻に関する詳しい情報が見られます
絵画専攻領域Web


担当教員紹介 >教員一覧へ