• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

テキスタイルデザイン専攻領域


 

「織り」と「染め」こそテキスタイルデザインの基本。

テキスタイルを作り出す基本技術であり、日本工芸の伝統的手法でもある「織り」と「染め」の技術を徹底的に学びます。身をもって工芸の大切さを体験することで、ものづくりの触覚を極めます。

現場の状況を把握し、社会との関係性を見いだす。

日本は世界屈指のレベルを誇る繊維産業国。各地にはさまざまな染織の産地があります。教員の仕事を通じてこうした現場の状況を学びながら、社会とテキスタイルデザインの関係性について深く掘り下げます。

テキスタイルからファッションを検証し、先の流行を生み出す。

服のみならず、インテリアの世界でもファッションという視点は重要で、テキスタイルデザインが担う役割は多大なものです。テキタイルという素材研究を軸に、複合的なカリキュラムのなかで、広くファッションについて学習します。


学生の作品


4年間の学修の流れ

1年次 染織技法の基礎知識を習得する

テキスタイルデザインの基礎として、まず「染め」と「織り」、「ファッション」の原理を理解します。染料の扱い方と特性を知った上で、模様を染め上げる基本原理を学び、糸が組されて布になる基本原理を、織機の構造を理解しながら学習します。また、布と人体の関係を探りながら被服の構造も学んでいきます。

2年次 表現やデザイン、表現方法、技術を探究

1年次の学習内容を継続しながら、研究指標科目がスタート。染料の特性を理解した後、模様染の方法と模様の反復などの学習へと続きます。また、織機の構造を深く理解することで、より高度な織の組織と複雑な模様を織り出す方法も学びます。さらにファッションアイテムや、繊維プロダクトへの展開等も始まります。

3年次 各自の個性と目的に合わせた制作を実施

研究指標科目のさらなるステップアップを目指します。各自の個性と目的に合わせた制作を進めるために、「染」「織」のどちらかの研究指標を選び、技術のスキルアップと内容の掘り下げを狙います。また、関連諸分野の学習も行い、テキスタイルデザインの世界におけるそれぞれの方向性を見定めていきます。

4年次 将来の進路を見据え総合的な研究・制作を実践

「染」「織」を通して3年次までに学んだ技術や知識をべースに、テキスタイルデザインを総合的に見渡し、自分が自分に課題を課し研究を重ねます。各自の進路や方向性を考えた上で、テキスタイルデザインを通して社会との関係性や立ち位置を確認しながら研究テーマを設定し、デザインと制作を進めます。


取得可能な資格

中学校教諭1種(美術)教員免許、高等学校教諭1種(美術・工芸)教員免許、学芸員


卒業後の進路

テキスタイルデザイナー/ファッションデザイナー/雑貨デザイナー/車両内装デザイナー/テキスタイルコーディネーター/ファッションスタイリスト/インテリアプランナー/小・中・高等学校教員/染織、工芸作家 ほか


1学年あたりの人数

30人 *2019年度1~4年の平均学生数


専攻領域ブログ

テキスタイルデザイン専攻領域ブログ


担当教員紹介 >教員一覧へ