• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

写真専攻領域


 

ZOKEI PHOTO

< これからの写真が創造する記録、アート、社会性に向かって >

視覚表現としての写真を学び、いまの時代に求められる新たな写真の可能性、社会性を研究します。
デザインと美術の領域を自在に横断し、社会のなかで現代的な課題に取りくめる先端的総合力を育成します。

ドキュメンタリーフォトグラフィ

撮影対象を客観的に観察することを主題に、私と社会との関係性を考察しながら、写真の記録性、記憶性を研究します。

クリエイティブフォトグラフィ

新しい時代に現れる写真のビジョンを主題に、アートとしての写真概念や、さまざまなメディアにおける写真表現の創造性を研究します。

エリアスタディ

地域社会の中での新たな写真の方向性、有用性に着目し、ワークショップやプロジェクト、アーカイブズなどを実践します。
写真と地域が双方向的に交流しながら、これから写真が果たす先端的な社会性を研究していきます。


学生の作品


4年間の学修の流れ

1年次 基礎的な知識や技術を幅広く学び写真の特性を知る

フィルムイメージングとデジタルイメージングの基礎を学びながら、広く写真の技術や表現を習得します。写真展や美術展、写真集や映像などの作品を見ることで、写真表現の多様性や社会性に触れながら、現代の写真を取りまく状況を概観していきます。

2年次 専門性の中心となる研究指標科目

「写真表現」と「エリアスタディ」の授業が始まり、その概念や技術、表現を学びます。校外やスタジオでの撮影や講評から写真表現のスキルを磨きながら、各自の表現の方向性をつかんでいきます。

3年次 現代の多様な表現と社会との関連性を探求する

専門性の高い多様な授業を通じ、自身の視覚言語能力を獲得できるよう、作品コンセプトや写真表現能力を身に付けていきます。写真展やフィールドワークを通じ、写真表現を高め社会への提案を実践していきます。

4年次 専門性を高め批評性のある卒業研究に取り組む

3年間で学んだ写真技術や写真表現を駆使し、卒業研究として集大成させます。写真表現の可能性や新たな社会性について研究し、より広く社会に向けたデザインやアートとしての写真を発信させていきます。


取得可能な資格

中学校教諭1種(美術)教員免許、高等学校教諭1種(美術・工芸)教員免許、学芸員


卒業後の進路

写真作家/出版社カメラマン/新聞社カメラマン/ブライダルカメラマン/スタジオアシスタント/写真ギャラリー/編集者/新聞記者/美術家/アートディレクター/Webデザイナー/グラフィックデザイナー/レタッチャー/ギャラリースタッフ/中・高美術教員/地域おこし協力隊 ほか


1学年あたりの人数

27人 *2019年度1~4年の平均学生数


専攻領域サイト

写真専攻領域サイト


担当教員紹介 >教員一覧へ