• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

カリキュラム

専門的学びとデザイン・美術の枠を越えた横断的な学びを通して
豊かな創造の感性を磨く

東京造形大学の教育課程は、専門性の高い各専攻領域の科目(専門科目)と、学科・専攻領域を越えて履修が可能な横断的科目(人間形成科目・ハイブリッド科目)の2つに大きく分類されます。この2つが縦糸と横糸で織り込まれた布のようにしっかりと絡み合うことで、デザイン・美術に関する確かな技術と豊かな知識を獲得するとともに、創造の源泉となる感性が磨かれます。一つひとつの科目の特徴を理解しながら、バランスよく履修することで、自らの研究意欲に応じた高い造形の思想と実力が養われます。

※クリックすると拡大画像が開きます。

■専門科目

専門科目には、デザイン・美術に関する知識と技能等を身につけ、それらを応用し実践的に考え表現することのできる高い専門能力を培うための科目:「基礎科目」「研究指標科目」「選択科目(デザイン学科のみ)」「卒業研究・卒業制作」「専門理論科目」「学科共通科目」があります。1年次から段階的に専門的知識と技術を身に付け、卒業時には、卒業研究・卒業制作として学内外に広く発表します。
卒業制作優秀作品はこちら

■人間形成科目

人間形成科目には、人間や文化に関する豊かな教養を身につけ、広い視野から造形活動を理解することができる総合的な視野と能力を培うための科目:「キャリアデザイン」「語学」「身体」「自然・人文科学」の科目群を設けて授業科目を配置します。

■ハイブリッド科目

ハイブリッド科目では、専門性についての認識を広げ、社会や時代の動向に対する関心を高め、主体的に課題をみつけ出して解決に取り組む態度と技能を培うために、「ハイブリッド基礎科目」「サステナブル科目」「プロジェクト科目」「ゼミナール」の科目群を設けて授業科目を配置します。

■資格課程科目

教職課程

中学校、および高等学校の教育職員を目指す学生のために、教職課程を開設しています。
本学の教職課程は、中学・高校の美術科教諭、および小学校の図画工科の専科教諭を目指すものです。教育学の見識を深めるとともに、美術教育における実践的な指導力を習得していきます。3年次には、介護等体験として、特別支援学校や社会福祉施設などに赴き、最終学年には、実際の教育の現場において教育実習を行います。

学芸員課程

本学では、博物館に勤務し博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究などの専門的事項を司る学芸員を目指す学生のために学芸員課程を開設しています。
学芸員は、博物館(美術館・民俗資料館・科学館等を含む)での資料を収集し、整理や保管をはじめとして、企画展示を行う際の企画から立案、開催に向けてのさまざまな活動(案内書・目録・ポスター類の作成、監修等)、さらに年報、報告書の作成、展示・資料に関する調査研究などを担う専門職です。本学では1年次から全専攻領域に学芸員課程が開設されています。

資格課程科目の詳細はこちらをご確認下さい