• Japanese
  • English
  • 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

教員プロフィール・教育研究業績

顔写真

森田 のり子 
モリタ ノリコ / MORITA Noriko

職位:非常勤教員
担当専攻領域/科目群:映画・映像専攻領域


  • プロフィール

研究分野

ドキュメンタリー研究、映画史
Documentary Studies, Film Studies


略歴

2007年、明治学院大学文学部芸術学科卒業。
2008年、イメージフォーラム映像研究所卒業。
2017年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。
現在、同大学院博士課程在籍。日本学術振興会特別研究員(DC2)。山形国際ドキュメンタリー映画祭2019特集上映スタッフ。

専門は、日本のドキュメンタリー映像の制作方法の歴史。関心領域は、映画史、映像文化史、メディア史など。

〈主な業績・活動〉
◆論文・エッセイ
「芸術映画社による製作現場の変容 ―戦時期日本における「ドキュメンタリー」の方法論の実践」『映像学』100号、2018年、10-31頁。
「土本と岩波映画」『neoneo』7号、2016年、102-105頁。

◆発表・講演
七里圭監督との対談「「あの島の調べ」を具現化する ―『モアナ』サウンド版の制作背景」『公開講座 ロバート・フラハティとドキュメンタリーの変容』、アテネ・フランセ文化センター、2018年7月。
「戦時期日本における映画的リアリズムとしての「ドキュメンタリー」の導入」、日本映像学会第43回大会、2017年6月。

◆その他
ドキュメンタリー映画『三里塚に生きる』(大津幸四郎・代島治彦監督/2014)宣伝スタッフ・フリーペーパー編集担当。
ドキュメンタリーカルチャーマガジン『neoneo』1・2号編集スタッフ(2012-2013年)。
自主上映イベント「場外シネマシリーズ」企画・運営(2009-2011)。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2007「ドラマティック・サイエンス!やまがた科学劇場」スタッフ。


Gallery

  • 公開している画像はありません