• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

3年次編入学試験

2019年度 3年次編入学試験の変更点

●外国籍の者(日本の高等学校を卒業した者は除く)が出願する場合、出願資格に加え、出願条件として、出願時までに日本留学試験「日本語(読解、聴解・聴読解のみ。記述を除く)」で240点以上を取得、または日本語能力試験(N2以上)に合格していることが必要となります。

●デザイン学科映画専攻領域は、「映画・映像専攻領域」に名称変更します。

3年次編入学試験については、出願書類に基づく書類審査により面接選考対象者を決定し、書類審査と面接選考を総合的に判定し合格者を決定します。



募集要項・出願書類の請求

2019年度募集要項の配布は終了しました。

 

なお、募集要項は下記リンクからPDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。
募集要項PDFダウンロード
 
 
 


入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)


募集人員(入学定員)

学科 専攻領域 募集人員
(入学定員)
デザイン グラフィックデザイン 14名
写真
映画・映像
アニメーション
メディアデザイン
室内建築
インダストリアルデザイン
テキスタイルデザイン
美術 絵画 5名
彫刻

入学検定料

30,000円

災害救助法適用地域の志願者に対する入学検定料の免除について


出願期間

● 2018年10月5日(金)~10月12日(金)郵送受付(消印有効) ※外国から出願する場合は、締切日必着とします。


出願資格

次のいずれかに該当する者。または、2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

  1. 大学を卒業した者。
  2. 大学に2年次以上在学し、62単位以上を修得した者。
  3. 短期大学を卒業した者。
  4. 高等専門学校を卒業した者。
  5. 専修学校の専門課程(修業年限が2年以上で、かつ課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上であること)を修了した者。
    この基準を満たしているか不明な場合は、在籍または修了した専修学校で確認してください。
  6. 高等学校等の専攻科の課程(修業年限が2年以上であること、その他文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る)を修了した者。
  7. 外国の大学等を卒業した者で、本学が実施する個別の入学資格審査により上記1.から6.と同等以上の学力があると認めた者。

※外国籍の者(日本の高等学校を卒業した者は除く)は、出願資格に加え、出願条件として、出願時までに日本留学試験「日本語(読解、聴解・聴読解のみ。記述を除く)」で240点以上を取得、または日本語能力試験(N2以上)に合格していることが必要となります。


出願前の手続き

出願資格7.で出願しようとする者は、出願前に出願資格について事前審査を行います。
該当者は、下記書類を2018年9月28日(金)までに本学進路支援センターへ提出(消印有効)し、審査を受けてください。
1.出願資格審査申請書(下記所定用紙をダウンロードしてください)
  → 出願資格審査申請書
  ※ダウンロードができない場合は、本学進路支援センターへ連絡してください。
2.出願資格を証明する書類(a~cのいずれかの証明書を提出)
 a.大学、短期大学等を卒業・修了した者、または2019年3月までに卒業・修了見込みの者。
   → 卒業・修了(見込)証明書および成績証明書
 b.大学2年次以上に在学し、62単位以上を修得した者、または2019年3月までに修得見込みの者。
   → 在学証明書、単位修得(見込)証明書および成績証明書
 c.上記a.b.に該当しない場合
   → 本学進路支援センターへお問い合わせください。
※上記2.の提出書類について
卒業・修了見込者は2018年4月1日以降に発行されたものを提出し、既卒者は卒業・修了後に発行されたものを提出してください。
なお、日本語または英語表記のものを提出してください。それ以外の外国語で書かれている場合は、日本語または英語の翻訳文も添付してください。その際は、大使館などの公的機関や日本語学校で翻訳文が原本と相違ないことの証明を受けてください。


出願書類

○入学試験願書(本学所定用紙):1枚
○入学試験出願用紙(本学所定用紙):1冊
○入学検定料納入証明書貼付用紙:1枚
○ポートフォリオ:1冊
○出願資格を証明する書類および成績証明書等(出願資格に応じて以下の書類を提出):各1通
 a.大学、短期大学、高等専門学校等を卒業・修了した者、または2019年3月までに卒業・修了見込みの者。
   → 卒業・修了(見込)証明書および成績証明書
 b.大学2年次以上に在学し、62単位以上を修得した者、または2019年3月までに修得見込みの者。
   → 在学証明書、単位修得(見込)証明書および成績証明書
 c.専修学校の専門課程(修業年限が2年以上で、かつ修了に必要な総授業時間数が1700時間以上であること)
   を修了した者、または2019年3月までに修了見込みの者。
   → 専門課程修了(見込)証明書(専門士の資格が取得できる旨が付記されたもの)および成績証明書
次に該当する者は、それぞれ所定の書類も提出。
外国籍の者は、以下の1.~3.の書類等。

  1. 出願資格審査申請書(下記所定用紙をダウンロードしてください)
    出願資格審査申請書
    ※ダウンロードができない場合は、本学進路支援センターへ連絡してください。
  2. 日本に居住している外国籍の者:「在留カード」の表裏両面のコピー
  3. 日本国外に居住している外国籍の者:「パスポート」の基本資料写真ページのコピー

外国籍の者(日本の高等学校を卒業した者は除く)は、以下のいずれかの書類。
 ・日本留学試験「日本留学試験成績に関する証明書」(コピーを提出
  ※日本留学試験は、出願時から遡り過去4回分を有効とします。
 ・日本語能力試験「認定結果及び成績に関する証明書」(コピー不可
○外国籍の者で、日本の高等学校を卒業した者は、以下の書類。
 ・出身高等学校の卒業証明書


ポートフォリオ作成要領

作品・論文・自己アピール資料などをA4判ファイル1冊(厚さ自由)に、わかりやすくまとめたもの。
なお、特定の傾向に偏った作品群だけではなく、これまでに手がけた作品をできるだけ広く収録するように心掛けてください。

※ポートフォリオに映像作品やCG作品などのデジタルデータを入れたい場合
映像作品やCG作品などのデジタルデータを資料として示す場合は、以下の条件にしたがってください。
□映像作品は3分以内とします。ただし、映画・映像専攻領域を志望する場合は10分程度の作品も可とします。作品を収録したDVDをポートフォリオに入れてください。
□静止画像の場合は作品全体の概要が3分以内で把握できるものとします。DVDまたはCDのいずれかに収録してポートフォリオに入れてください。
□ポートフォリオにDVD・CDを入れる場合は、動作する環境と操作手順を明記した文章(ファイル形式、使用するアプリケーション等)を記してください。

ポートフォリオおよび提出作品は、試験終了後に大学より出願者に返送します。


選考方法

出願書類に基づく書類審査により面接選考対象者を決定し、書類審査と面接選考を総合的に判定し合格者を決定します。

1.書類審査

出願書類に基づき書類審査を行い、面接選考対象者を決定します。
面接選考対象者には「面接選考の案内」を送付します。
下記日時に本学ホームページ上にも面接選考対象者の受験番号を掲載します。
日時:2018年11月9日(金)午前11時

2.面接選考

2018年11月24日(土)
※集合時間等詳細については、面接選考対象者に郵送にて通知します。


試験場(面接会場)

試験場:東京造形大学 → 交通アクセス


合格発表

日時:2018年12月1日(土)午前11時

合格者には「合格通知書」および「入学手続書類」を送付します。合格発表後5日間を過ぎても届かない場合は、本学進路支援センターまでお問い合わせください。
合否確認の補助的な手段として、インターネットによる合否案内を実施します。
なお、入学試験の合否に関して、電話などによるお問い合わせには一切応じられません。


既修得単位の認定・注意事項

既修得単位の認定

卒業までに必要な124単位のうち、原則として62単位までを本学で修得した単位として認定します。
なお、本学で取得可能な資格の単位として、本学入学前の教育機関(外国の大学等を除く)で修得した単位を、上記の62単位を超えない範囲で個別に認定する場合があります。

注意

  1. 卒業・修了見込みで受験し合格した者が、2019年3月末日までに卒業・修了できなかった場合は、入学許可を取り消します。
  2. 単位修得見込みで受験し合格した者が、2019年3月末日までに62単位を修得できなかった場合は、入学許可を取り消します。