• Japanese
  • English
  • 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

教員プロフィール・教育研究業績

顔写真

正田 夏子 
ショウダ ナツコ / SHOUDA Natsuko

職位:非常勤講師
担当専攻領域/科目群:テキスタイルデザイン専攻領域、専門理論科目


  • プロフィール

研究分野

日本美術工芸史(染織)能、狂言など古典芸能の装束



連絡先


E-mail2: tcc01764@nifty.com


略歴

【プロフィール】
1964年5月生。青山学院大学史学科を卒業後、出光美術館、根津美術館勤務を経て学習院大学人文科学研究科へ進学、修士号取得。
現在、武蔵大学(東アジアの美術工芸史、日本美術工芸史)講師。

【著書】
『加賀能登の能楽』(共著) 平成9年・北国新聞社
『黒川能狂言百番』(共著・重田みち) 平成11年・小学館
『茶道学大系第5巻』(共著) 平成11年・淡交社
『演目別にみる能装束』(共著・観世喜正) 平成16年・淡交社
『能狂言を学ぶひとのために』(共著)平成23年・世界思想社
『演目別にみる能装束II』(共著・観世喜正) 平成21年・淡交社

【論文】

---学会誌---
「能面と能装束の意匠表現について」 平成4年5月 民族藝術学会『民族藝術』8号
「新城の能狂言装束」 平成5年12月 月曜会『能・研究と評論』20号
「能装束にみる女姿」平成9年7月 昭和女子大学『女性文化研究会紀要』22号
「黒川能の能装束から-新出資料を中心に-」 平成16年3月 民族芸術学会『民族藝術』20号 他

--- 一般機関誌 ---
「野村美術館の能装束・前田家旧蔵装束を中心に」 平成5年3月 野村美術館『研究紀要2号』
「能装束の意匠構成について」 平成5年11月 鹿島美術財団『研究報告10号』
「東海地方の能面と能装束の基礎研究」平成15年11月 高梨奨学財団『平成14年度高梨学術奨励基金年報』
「静岡県三ケ日の能・狂言装束」平成16年3月 日本風俗学会中部支部『研究紀要・民族と風俗14号』
「東海地方の能面と能装束の基礎研究」平成16年11月 高梨奨学財団『平成15年度高 梨学術奨励基金年報』 他


Gallery

  • 観世喜正・正田夏子『演目別にみる能装束』淡交社
  • 林和利・編『能狂言を学ぶ人のために』世界思想社
  • 撮影・渡辺国茂『黒川能狂言百番』小学館
  • 観世喜正・正田夏子『演目別にみる能装束Ⅱ』淡交社