• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

NENGA DESIGN COMPETITION

共同事業者名株式会社 山櫻
事業実施期間2011年7月~継続中
担当教員美澤 修 教授、渡部千春 准教授

本学グラフィックデザイン専攻領域では、名刺、封筒、紙製品などの製造・販売を行っている株式会社 山櫻( http://www.yamazakura.co.jp/ )との共催により、元旦に使用される年賀状のデザインコンペを実施しています。

このコンペは、印刷会社などの企業が年賀状を作る際に使うデザインの素材集(CD-ROM)に収められるデザインを選抜するもので、2年生を中心に行っているコンペです。
今回のテーマは、「気軽に選べて、送れる業種別年賀状」。(1)不動産 (2)工務店 (3)ピアノ塾 (4)算盤塾 (5)習字教室 (6)理容店 (7)そば屋(出前店) (8)クリーニング (9)歯医者 (10)小児科 (11)農業 (12)漁業 (13)鍼灸 (14)士業 (15)獣医の各ジャンルにターゲットを分け、小規模経営者向けに戌年のビジネス年賀状をデザインしました。

厳正な審査の結果、以下の作品が入賞しました。

2018年度 入賞作品

最優秀賞

〔理容室〕松﨑優歌

子の文字をイラストに組み込んでカラーとアイテムで理容店らしさを出しました。年賀状を受け取った人が、この理容店に行ってすっきりさっぱりしたいと思えるようなデザインを心がけました。


優秀賞

〔農業〕原佑佳

農家の方向けに作りました。子歳の年賀状ということで、おにぎりを抱くネズミと、その周りに農作物を配置しました。ネズミ色をベースとした主線に各農業産物の色を足し、全体的にほんわかした雰囲気になるように描きました。


山櫻賞

〔鍼灸〕松﨑優歌

鍼灸の子歳の年賀状ということで2つを合わせて「鍼ネズミ」のイラストにしました。年のはじめからクスっと少し笑えるようなものにしようと思いました。


入賞

〔漁業〕中嶋巴菜

ネズミの長い尻尾を使って、タイを釣っている場面を描いてみました。「めでたい」と「鯛」をかけてめでたいことが起きるような、めでたい感じにしてみました。


入賞

〔習字教室〕小田原藍香

ネズミには高く跳ぶ習性があります。そんなネズミのように、何事にも挑戦して飛び越える、飛躍した年にしてほしいという願いを込めてデザインしました。


入賞

〔不動産〕市川めぐみ

受け取る人が楽しんで見てもらえるように心がけ、色や形を選びました。ネズミを見取り図で表現することで、不動産らしさを表現しています。赤を基本に配色しているのはお正月を連想させるためです。


入賞

〔そば屋〕山﨑泉

この作品は2020年をモチーフに20匹のお客さんを書きました。右上がりという願いを込めて、ネズミたちが出前のソバをテーブルを囲んで食べています。この年賀状を使われる方が新しい一年をよい一年となることを願っております。


入賞

〔工務店〕渋田夏生

ネズミを大工に見立ててデザインしました。1匹は材木を運んでいて、もう1匹は木槌を持っています。それぞれに紅白のハチマキを巻かせ縁起の良い印象をもたせました。背景には正月の寒い時期を乗り越える松竹梅の松と梅を飾り、延年を示しています。


入賞

〔鍼灸〕宮田怜佳

鍼灸は「痛そう」「少し怖い」といったイメージがあるのではないかと考え、絵本のような表現で暖かみを出しました。鍼灸の「鍼」とハリネズミの「ハリ」をかけて鍼灸師はハリネズミになっています。


入賞

〔理容室〕平川真有

理容院と聞くと堅苦しさや男性だけというイメージがあるので、女性や子供のお客さんをターゲットにして可愛らしさとゆるいタッチで表現しました。イラストに縁起物としてだるまが着ぐるみを着ているイラストを描きました。


表彰式・講評会の様子

○集合写真

○市瀬社長による表彰
 

○渡部准教授による講評
 

過去作品紹介

| 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 |