• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

健康管理・医務室案内

医務室の場所は1号館です

imu医務室はスクールバスを降りた1号館受付エレベーターの横にあります。 みなさんが、心身ともに健康で充実した大学生活が送れるようサポートしていきます。身体の具合が悪い時・けがを負った時・健康上の相談事がある時など、いつでも気軽に利用してください。

  1. 医務室開室時間・連絡先
  2. 校医
  3. 定期健康診断
  4. 学校感染症
  5. 緊急時に備えて
  6. AED設置
  7. 医療機関案内サービス

1.医務室開室時間・連絡先

平 日 : 9:10~20:50
土曜日: 9:10~19:50
授業のない期間:9:10~19:50

夏期・冬期休業中(一斉休暇以外):9:10~19:50

042-637-8107 (医務室)
042-637-8111 ( 代 表 )
e-mail : imushitu@zokei.ac.jp


2.校医

健康相談日(内科医)…毎月(原則)第 1、2、3 水曜日 13:00~13:45
精神衛生相談日(精神科医)…毎月 2 回 ※詳細については掲示にてお知らせします。

いずれも予約制です。事前に医務室までお問い合わせください。

3.定期健康診断

法令により、学生は毎年定期健康診断を受診しなければなりません。本学では毎年 4 月に実施しています。受診忘れのないようにしてください。なお、やむを得ない理由で受診できない場合は、事前に医務室までご相談ください。

健康診断受診後について
再検査の指示を受けたかたは、指定期日内に再検査を実施し、医務室に報告してください。再検査が済んでいない場合、健康診断証明書の発行ができないことがあります。
健康診断の結果はWeb公開され各自での閲覧が可能となります。5 月中旬に届く情報システムセクションからのお知らせを参照してください。
健康診断証明書は、5 月中旬以降、自動発行機から発行可能となります。また、健康診断証明書記載項目以外の検査項目について企業等から提出を求められた場合は、医務室にご相談ください。


4.学校感染症

学校感染症に罹患(りかん)した場合は、医師の許可がおりるまでは登校できません。
診断を受けた場合、まず医務室まで、お電話にて早急にお知らせください。

医師の許可がおり登校する際には、最初に下記の書類①②を医務室に提出してください。医務室では健康状態を確認させていただきます。
① 感染症治癒証明書 ②感染症病気による公欠申請書
治癒証明書ダウンロード(もしくは同じ内容がもれなく記載された診断書)
感染症病気による公欠申請書ダウンロード(※欠席授業数分の提出が必要)

①②の提出書類は、医務室確認後、学修支援センターで承認印を受けた後、各自、欠席した授業の教員に②の書類を提出してください。
※担当教員に渡せない場合は教務窓口に提出してください。
※課題やレポート等の提出期間中や試験期間中に罹患した場合は、教務関係の HP 掲示内容を確認するなどして各自で早めに対応をしてください。

分類 対象疾病 出席停止の期間
第一種 稀で重篤な感染症
(第一類感染症と第二類感染症が中心)
エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群
鳥インフルエンザ
その他
(新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症)
出席停止の期間:
治癒するまで
第二種 飛沫感染により、学校で流行する可能性のある疾患
インフルエンザ : 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日
百日咳 : 特有の咳が消失するまで又は5日間の適切な抗菌薬療法が終了するまで
麻疹 : 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) : 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が出現した後 5 日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風疹 : 発疹が消失するまで
水痘 : すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) : 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 : 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 : 病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認められるまで出席停止とする
出席停止の期間:
感染症ごとに異なる
第三種 飛沫感染はしないが、学校教育活動により学校で流行する可能性のある疾患
コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症
(その他の感染症とは、学校で流行が起こった場合にその流行を防ぐため、必要があれば、学長が学校医の意見を聞き、第三種の学校感染症としての措置を講じることができる疾患です。特に明示されているわけではないので、主治医・大学に相談して下さい)
出席停止の期間:
病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

麻疹(はしか)の流行について

まれに肺炎や脳炎などを起こして、命の危険につながる恐れもある「はしか」(麻疹)は、感染力が非常に強く重篤化しやすい感染症の一つです。
下記症状の出現時や麻疹罹患者と接触した場合は、必ず療養してください。 そして、少しでも症状が見られた場合は受診し「麻疹」と診断されたら医務室にその旨電話にてお知らせください。

麻疹

(1)感染経路: 飛沫・空気感染
(2)潜伏期: 10~12日
(3)症状: (1)前駆期:3~5日間、発熱、せき、鼻水など「かぜ」に似た症状が続く
(2)発しん期:一旦熱が下がるが再び高熱が出て、顔・首・全身に発しんが現れ4~5日間続く
(3)回復期:発熱はおさまり、発しんは色素沈着を残して消退する。
(4)治療: 特効薬はなく対症療法
(5)患者に接触した時: 接触後3日以内であれば、予防接種により発症予防効果が期待できる

治療 麻疹(はしか)は、重症化しやすい感染症のひとつですが、特効薬はありません。熱が高いときは医師の指示に従って解熱剤等を使って安静を保ち、回復を見守ります。

麻しん(はしか)風疹 の集団感染防止について

※麻しん・風疹の感染歴の有無、ワクチン接種歴の有無を母子手帳で確認してください。
※麻疹感染歴が無く、予防接種を受けていない方、1回接種のみで10年以上経っている方は、麻しん風疹混合ワクチンのMRワクチン接種をお勧めします。(医師にご相談ください。)


5.緊急時に備えて

いつでも病院受診ができるように自分の健康保険証を携帯してください
大学周辺、現住所近くの医療機関の確認をしましょう
常備薬や体温計の用意をしておきましょう


6.AED設置

学内4ヶ所に設置

AED(自動体外式除細動器)は、バス停を降りた1号館受付横と、CSホールエントランスCSプラザ1Fトイレ前11号棟グランド側女子トイレ前、計4か所に設置しています。

aedバス停を降りた1号館受付横とCSホールエントランスの2か所には日本光電機種設置


aed2CSホールエントランス、CSプラザ1Fトイレ前、11号館女子トイレ前にはALSOKのフクダ電子フィリップス機種設置

AEDとは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、人が多く集まるところを中心に設置されています。AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用できます。
また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。
※「AEDを使用した救命処置」 NIHON KODEN発行のDVDが医務室にあります。貸し出しも行っていますので声をかけてください。


7.医療機関案内サービス

東京消防庁・救急相談センター
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm
℡:03-3212-2323(23 区)
℡:042-521-2323(多摩地区)
#7119(携帯電話・プッシュ回線)

東京都医療機関案内サービス「ひまわり」
https://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq13/qqport/tomintop/
℡:03-5272-0303
℡:03-5285-8181(英語・中国語・ハングル語・タイ語スペイン語 9:00~20:00 対応)

神奈川県医療情報システム
℡:042-756-9000(相模原市救急医療情報センター)
℡:045-222-7119(横浜市救急相談センター)
℡:044-739-1919(川崎市救急医療情報センター)