• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

過去の展覧会(ZOKEIギャラリー)

|2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度 | 2014年度 | 2013年度 | 2012年度 | 2011年度 | 2010年度 | 2009年度 | 2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 |

In front of me 版表現大学院2年 古木宏美・三輪奈保子

この度、展覧会「In front of me 版表現大学院2年 古木宏美・三輪奈保子」を開催いたします。
古木宏美は、リトグラフとシルクスクリーンの版を併用しながら、自己と絵との循環的な関係を作品化していきます。三輪奈保子は、インスタレーション、ペインティング、版としてシルクスクリーンでの制作方法を行き来しながら、感性が共有する形に迫ろうとしています。
それぞれの表現とともに、二つの方向の違う作品たちが同じ空間の中でどのような関係を生み出すのかも見どころです。

古木宏美 「変わっていくこと、そして絵と自分が循環していく表現」
版の複数性については、版表現を手がけた作家が何度も有効な手法として取り上げてきたことである。古木の制作では、この版の複数性が全く異なった方向から扱われている。それは、一度描いた図が版としてあることで幾つも現れ、他の図と重なり合うことで異なった図を生じることができる、という点にある。描いている行為には時間が内包されるが、描かれた図自体には時間が存在しない。しかしその図がパラレルに存在すれば、描いた者は何度もその描く行為の時間を繰り返しながら異なった結果を得ることができるのである。古木が制作のテーマとしている「絵と自分が循環していく表現」の意味はこの点にある。

三輪奈保子 「形による感性の始まりの共有」
三輪は、個人の記憶と感性を全く同じ感覚で他者と共有することはできないが、記憶と結びついて感性が始まるきっかけになるものは、他者と共有できると考える。この感性が始まるきっかけになるものを、視覚的に錯覚のある形と曖昧な形として捉え、様々な手法を併用しながら制作している。これまでの制作でも、糸とその影の現象を示すインスタレーション、その3次元での現象をキャンバスにイリュージョンとして描きこむ絵画作品、そしてまたその絵画的な表現性を残さないシルクスクリーンを使用した制作が並行して進む。その多焦点である制作の迫り方では、一つの価値観で縛られ語られる絵画的考え方を更新してゆくことも試みられている。

会期:2018年5月8日(火)~5月10日(木)
開場時間:12:00~18:00

版表現作品を中心とした絵画作品展示