• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

資格 指定科目表

取得可能な資格


社会福祉主事(任用資格)

厚生労働大臣が指定する34科目のうち3つ以上を修得し、卒業することで任用資格が得られます。
なお、大学として社会福祉主事となるための単位修得証明書は発行しません。成績証明書にて必要な要件を満たすことを確認してください。

厚生労働大臣が指定する科目
(本学が関係する科目のみを抜粋)
2011年度以降入学生 2010年度以前入学生
法学 法学A、法学B 法学I、法学II
経済学 経済学I、経済学II 経済学I、経済学II
心理学 心理学I、心理学II 心理学I、心理学II
社会学 社会学A、社会学B 社会学AI、社会学AII、
社会学BI、社会学BII
倫理学 倫理学I、倫理学II 倫理学I、倫理学II
教育学 教育学概論 教育学概論

厚生労働大臣が指定する科目を満たすためには「○○I、○○II」、「○○A、○○B」などのすべてを修得する必要があります。

社会福祉主事とは … 厚生労働省 〔外部リンク〕

※任用資格とは、特定の職業や職位に任用されるための資格のことであり、当該職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格です。


児童指導員(任用資格)

中学校又は高等学校のいずれかの教員免許状を取得することで任用資格が得られます。

児童指導員とは…児童養護施設や知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、または情緒障害児短期治療施設といった児童福祉施設において、児童の生活指導などを行うための資格です。

※任用資格とは、特定の職業や職位に任用されるための資格のことであり、当該職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格です。


児童の遊びを指導する者〔児童厚生員〕(任用資格)

中学校又は高等学校のいずれかの教員免許状を取得することで任用資格が得られます。
また、本学を卒業することで有資格者とみなされる場合があります。(雇用者側に要確認)

児童の遊びを指導する者〔児童厚生員〕とは…児童館、児童センターなどの児童厚生施設において、児童の遊びを指導するための資格です。

※任用資格とは、特定の職業や職位に任用されるための資格のことであり、当該職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格です。


一級・二級建築士/木造建築士受験資格

建築士法の改正に伴い、入学年度および所属専攻領域によって、本学卒業後の実務経験の有無が異なります。
 ⇒ ≪2015年度以降入学の室内建築専攻領域の学生≫
 ⇒ ≪2011年度~2014年度入学の室内建築専攻領域の学生≫
 ⇒ ≪2009年度・2010年度入学の室内建築専攻領域の学生≫
 ⇒ ≪2008年度以前入学のデザイン学科の学生≫

≪2015年度以降入学の室内建築専攻領域の学生≫

建築士試験
 一級建築士試験 (建築実務経験2年以上)
 二級・木造建築士試験 (建築実務経験0~2年)

区分 2015年度以降入学生
指定科目の分類 充当する指定開講科目
二級・木造 一級 分類番号 科目名 単位数
(1) 建築設計製図
  実務0~2年
  (5単位以上)
(1) 建築設計製図
  (7単位以上)
(1) 建築製図I
建築製図II
建築CAD
室内建築B
室内建築I
室内建築研究C
2
2
2
2
2
2
単位数小計 単位数小計
12 12
(2) ~ (4)
建築計画、建築環境工学又は建築設備
  実務0~2年
  (7単位以上)

(2) 建築計画
  (7単位以上)
(2) 日本建築史I
日本建築史II
東洋建築史A
東洋建築史B
西洋建築史I
西洋建築史II
近代建築史A
近代建築史B
2
2
2
2
2
2
2
2
単位数小計
16
(3) 建築環境工学
  (2単位以上)
(3) 室内環境工学A※ 2
単位数小計
2
(4) 建築設備
  (2単位以上)
(4) 室内環境工学B 2
単位数小計 単位数小計
20 2
(5) ~ (7)
構造力学、建築一般構造又は建築材料
  実務0~2年
  (6単位以上)
(5) 構造力学
  (4単位以上)
(5) 構造力学A
構造力学B
2
2
単位数小計
4
(6) 建築一般構造
  (3単位以上)
(6) IAD表現
空間演出デザインエレメンツ
2
2
単位数小計
4
(7) 建築材料
  (2単位以上)
(7) 材料学I 2
単位数小計 単位数小計
10 2
(8) 建築生産
  (1単位以上)
(8) 建築生産
  (2単位以上)
(8) 建築デザインエレメンツ 2
単位数小計 単位数小計
2 2
(9) 建築法規
  (1単位以上)
(9) 建築法規
  (1単位以上)
(9) 建築法規 2
単位数小計 単位数小計
2 2
(10) その他
  (適宜)
(10) その他
  (適宜)
(10) 透視図法表現
商環境デザインエレメンツ
都市デザインA
都市デザインB
室内建築A
室内建築H
室内建築J
2
2
2
2
2
2
2
単位数小計 単位数小計
14 14
46 46 (1) ~ (9) の単位数合計
60 60 総単位数((1) ~ (10) の単位数合計)

≪2011年度~2014年度入学の室内建築専攻領域の学生≫

建築士試験
 一級建築士試験 (建築実務経験2年以上)
 二級・木造建築士試験 (建築実務経験0~2年)

区分 2011年度以降入学生
指定科目の分類 充当する指定開講科目
二級・木造 一級 分類番号 科目名 単位数
(1) 建築設計製図
  実務0~2年
  (5単位以上)
(1) 建築設計製図
  (7単位以上)
(1) 建築製図I
建築製図II
建築CAD
室内建築B
室内建築I
室内建築研究C
2
2
2
2
2
2
単位数小計 単位数小計
12 12
(2) ~ (4)
建築計画、建築環境工学又は建築設備
  実務0~2年
  (7単位以上)

(2) 建築計画
  (7単位以上)
(2) 日本建築史I
日本建築史II
東洋建築史A
東洋建築史B
西洋建築史I
西洋建築史II
近代建築史A
近代建築史B
2
2
2
2
2
2
2
2
単位数小計
16
(3) 建築環境工学
  (2単位以上)
(3) 室内環境工学A※ 2
単位数小計
2
(4) 建築設備
  (2単位以上)
(4) 室内環境工学B 2
単位数小計 単位数小計
20 2
(5) ~ (7)
構造力学、建築一般構造又は建築材料
  実務0~2年
  (6単位以上)
(5) 構造力学
  (4単位以上)
(5) 構造力学A
構造力学B
2
2
単位数小計
4
(6) 建築一般構造
  (3単位以上)
(6) IAD表現
空間演出デザインエレメンツ
2
2
単位数小計
4
(7) 建築材料
  (2単位以上)
(7) 材料学I 2
単位数小計 単位数小計
10 2
(8) 建築生産
  (1単位以上)
(8) 建築生産
  (2単位以上)
(8) 建築デザインエレメンツ 2
単位数小計 単位数小計
2 2
(9) 建築法規
  (1単位以上)
(9) 建築法規
  (1単位以上)
(9) 建築法規 2
単位数小計 単位数小計
2 2
(10) その他
  (適宜)
(10) その他
  (適宜)
(10) 透視図法表現
商環境デザインエレメンツ
都市デザインA
都市デザインB
室内建築A
室内建築D
室内建築H
室内建築J
2
2
2
2
2
2
2
2
単位数小計 単位数小計
16 16
46 46 (1) ~ (9) の単位数合計
62 62 総単位数((1) ~ (10) の単位数合計)

≪2009年度・2010年度入学の室内建築専攻領域の学生≫

デザイン学科室内建築専攻領域の学生は、国土交通大臣の指定する建築に関する科目として認定を受けている以下の科目の単位を40単位以上修得し、本学を卒業することにより、実務経験なしで二級建築士試験の受験資格を得ることができます。

指定科目の区分 建築士法における
最低必要単位数
2009・2010年度入学生
科目名 単位数
(1)建築設計製図 5単位以上 (a) 建築製図Ⅰ
建築製図Ⅱ
室内建築B
建築B
2
2
2
2
(2)建築計画
(3)建築環境工学
(4)建築設備
7単位以上 (b) 日本建築史Ⅰ
日本建築史Ⅱ
東洋建築史Ⅰ
東洋建築史Ⅱ
西洋建築史Ⅰ
西洋建築史Ⅱ
近代建築史A
近代建築史B
建築A
建築研究
室内環境工学B
室内環境工学A
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
(5)構造力学
(6)建築一般構造
(7)建築材料
6単位以上 (c) 構造力学
材料学Ⅰ
材料学Ⅱ
2
2
2
(8)建築生産 1単位以上 (d) 建築デザイン 2
(9)建築法規 1単位以上 (e) 建築法規 2
(10)その他  

(f) 建築CAD
透視図法表現
2
2

(a)~(e)それぞれの最低必要単位数を満たし、尚且つ(a)~(f)の合計単位数が40単位以上の場合、卒業と同時に、二級建築士試験の受験資格を得ることができます。

【参考】 (a)~(e)それぞれの最低必要単位数を満たし、尚且つ(a)~(f)の合計単位数が39単位~20単位の場合、二級建築士受験資格を得るために必要な実務経験年数は、以下のとおりです。
      39単位~30単位 = 実務経験 1年
      29単位~20単位 = 実務経験 2年


≪2008年度以前入学のデザイン学科の学生≫

本学卒業後2年間の実務経験があれば、二級建築士試験の受験資格が認められます。


インテリアプランナー受験資格

≪対象:デザイン学科室内建築専攻領域≫

下記の表に示す科目を修得して卒業し、試験に合格すると登録資格が得られます。

区分 2011年度以降入学生 2010年度以前入学生 必要単位数
科目名 単位数 科目名 単位数








認知科学
色彩学I
色彩学II
形態論A
形態論B
西洋美術史:ルネッサンス以前A
西洋美術史:ルネッサンス以前B
西洋美術史:ルネッサンス以降A
西洋美術史:ルネッサンス以降B
東洋美術史A
東洋美術史B
日本美術史A
日本美術史B
西洋建築史I
西洋建築史II
東洋建築史A
東洋建築史B
日本建築史I
日本建築史II
デザイン史I
デザイン史II
美学I
美学II
美術概論
図法表現I
図法表現II
デッサンA
デッサンB
近代建築史A
近代建築史B
ディスプレイデザインA
ディスプレイデザインB
立体デザインA
立体デザインB
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
認知科学
色彩学I
色彩学II
形態論I
形態論II
一般美術史
西洋建築史I
西洋建築史II
日本建築史I
日本建築史II
近代デザイン史I
近代デザイン史II
東洋建築史I
東洋建築史II
美学I
美学II
美術概論
デッサンI
デッサンII
図法表現I
図法表現II
近代建築史A
近代建築史B
ディスプレイデザインI
ディスプレイデザインII
立体デザインI
立体デザインII
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
(36単位-B-C)
単位以上








材料学I
材料学II
室内建築特論
家具デザインエレメンツ
オフィスデザインエレメンツ
建築デザインエレメンツ
商環境デザインエレメンツ
建築製図I
透視図法表現
室内環境工学A
室内環境工学B
建築CAD
建築法規
構造力学
室内建築A
室内建築C
室内建築D
室内建築研究C
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
材料学I
材料学II
総合講座C-9(室内建築研究)
建築製図I
透視図法表現
建築CAD
室内環境工学A
室内環境工学B
建築法規
構造力学
家具デザイン
オフィスデザイン
建築デザイン
空間デザイン
室内建築A
室内建築C
室内建築D
建築研究
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
(24単位-C)
単位以上
建築製図II
室内建築B
2
2
建築製図II
室内建築B
2
2
2単位以上

〔要件〕
A+B+C : 36単位以上
   B+C : 24単位以上
      C : 2単位必修

インテリアプランナーとは … 財団法人建築技術教育普及センター 〔外部リンク〕


1級施工管理技士技術検定受検資格

≪対象:デザイン学科室内建築専攻領域≫

≪1級施工管理技士技術検定受検資格≫

下記の表に示す教科において指定する条件を満たし卒業した後、受検しようとする種目に関し指導監督的実務経験1年以上を含む3年以上の実務経験を有する者

≪2級施工管理技士技術検定受検資格≫

受検しようとする種目 受検資格を認める者
建築施工管理及び
土木施工管理
下記の表に示す教科において指定する条件を満たし卒業した後、受検しようとする種別に関し1年以上の実務経験を有する者
建設機械施工 下記の表に示す教科において指定する条件を満たし卒業した後、受検しようとする種別に関する6ヵ月以上の実務経験を含む1年以上の実務経験を有する者
造園施工管理、電気工事施工管理、管工事施工管理 学科試験 下記の表に示す教科において指定する条件を満たし卒業した者又は卒業見込みの者
実地試験 下記の表に示す教科において指定する条件を満たし卒業した後、受検しようとする種目(種別)に関し1年以上の実務経験を有する者

≪1級・2級共通≫

次に掲げる科目のうち、A群からC群までの各群から1科目以上、B群から17単位以上、合計30単位以上履修した者

2011年度以降入学生 2010年度以前入学生
A群 生物学I、生物学II、化学I、化学II、数学I、数学II、物理学I、物理学II、コンピュータ技術論A、コンピュータ技術論B 数学I、数学II、物理学I、物理学II、化学I、化学II、生物学I、生物学II、コンピュータ技術論I、コンピュータ技術論II
B群 材料学I、材料学II、西洋建築史I、西洋建築史II、東洋建築史A、東洋建築史B、日本建築史I、日本建築史II、都市デザインA、都市デザインB、近代建築史A、近代建築史B、オフィスデザインエレメンツ、建築デザインエレメンツ、商環境デザインエレメンツ、立体デザインA、立体デザインB、建築製図I、建築製図II、透視図法表現、室内環境工学A、室内環境工学B、建築CAD、建築法規、構造力学 機構学、材料学I、材料学II、西洋建築史I、西洋建築史II、日本建築史I、日本建築史II、東洋建築史I、東洋建築史II、近代建築史A、近代建築史B、都市デザインI、都市デザインII、立体デザインI、立体デザインII、建築製図I、建築製図II、透視図法表現、建築CAD、室内環境工学A、室内環境工学B、建築法規、構造力学、オフィスデザイン、建築デザイン、空間デザイン、空間A、空間B、建築A、建築B
C群 室内建築A、室内建築B、室内建築C、室内建築D、室内建築F、室内建築H、室内建築I、室内建築J、室内建築研究B、室内建築研究C 室内建築A、室内建築B、室内建築C、室内建築D、空間研究、建築研究

施工管理技士とは … 国土交通省 〔外部リンク〕

商業施設士受験資格

≪対象:デザイン学科室内建築専攻領域≫

下記の表に示す科目を修得することにより、資格を所管する団体が指定する「商業施設士補」資格取得講習会への受講資格を得ることができ、講習を修了することにより資格を取得することができます。
なお、商業施設士補の資格を取得すると、「商業施設士」試験を受験する際に学科試験が免除になります(実務経験なしで試験を受けることができます)。

区分 必須
単位
2011年度以降入学生 2010年度以前入学生
充当する科目名 単位数 充当する科目名 単位数
商業一般 4単位以上 都市論I
都市論II
都市デザインA
都市デザインB
マーケットコミュニケーション論
2
2
2
2
2
都市論I
都市論II
都市デザインI
都市デザインII
マーケットコミュニケーション論
2
2
2
2
2
商業施設構成計画 10単位以上 ディスプレイデザインA
ディスプレイデザインB
商環境デザインエレメンツ
立体デザインA
立体デザインB
建築法規
室内建築D
2
2
2
2
2
2
2
ディスプレイデザインI
ディスプレイデザインII
空間デザイン
立体デザインI
立体デザインII
建築法規
室内建築D
2
2
2
2
2
2
2
建築一般及び
工事監理・施工
4単位以上 室内環境工学A
室内環境工学B
構造力学
室内建築A
2
2
2
2
室内環境工学A
室内環境工学B
構造力学
室内建築A
2
2
2
2
設計製図 12単位以上 建築製図I
建築製図II
透視図法表現
建築CAD
建築デザインエレメンツ
室内建築B
2
2
2
2
2
2
建築製図I
建築製図II
透視図法表現
建築CAD
建築デザイン
室内建築B
2
2
2
2
2
2

商業施設士とは … 社団法人商業施設技術者・団体連合会 〔外部リンク〕