• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

青山実験工房 第4回公演


 

飯名尚人
映画・映像専攻領域 准教授


能舞台から現代の音楽/表現と能楽の可能性を創造・発信する。
実験と現代、ジャンルの垣根を越え、能舞台の宇宙であらたな創造と一期一会の花との出会い、共鳴をめざしてきました。第4回では武満徹のピアノ+ヴァイオリン曲、観世寿夫と同じ1978年に早逝した甲斐説宗の遺作曲、そしてフェルドマン晩年の最弱音がたゆたう曲のコラボレーション。

出演
高橋アキ、甲斐史子、清水寛二、飯名尚人

上演内容
◆武満徹「ピアノディスタンス」(1961) 
◆武満徹「妖精の距離」(1951) 
◆武満徹「悲歌 HIKA」(1966)
◆甲斐説宗「ヴァイオリンとピアノのための音楽II」(1978)
◆モートン・フェルドマン「パレ・ド・マリ」(1986)
◆甦る観世寿夫
41年前の12月7日、53歳で早逝した観世寿夫。「伝統芸術の会」「能楽ルネッサンスの会」「華の会」「冥の会」など、戦後の能楽復興期、銕仙会での演能を中心としつつ、能楽以外の芸術家たちとも盛んに交流。能楽を越え、戦後の文芸復興におおきな影響を残した。観世寿夫を偲び、生前出演した舞台などの映像や音源でその世界を振り返る。ゲストも予定。


開催期間

2019年12月6日


休館日


時間

19時開演


入場料

前売り
一般 4000円
学生 2000円


会場

銕仙会能楽研修所(東京・表参道)


会場住所

港区南青山4-21-29


関連Webサイト

http://www.tessen.org/schedule/kikaku/191206_aoyamaew