• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

昇華のモルフォロジー 展


 

山口真和
絵画専攻領域 2010年度卒業

他、1名
佐藤舞梨萌


美術評論家・西村智弘のキュレーションによる、現代絵画の展覧会が開催。参加作家に、西村と画家のO JUNに選出された、佐藤舞梨萌と山口真和の2人を迎える。

 佐藤は2005年講談社フェーマススクールズ卒業、埼玉県を拠点に活動。初期より一貫して花や花のある風景を題材に、色彩と筆致によって花に内在する生命力を描くことを試みている。


 山口は1987年東京都生まれ。2010年東京造形大学卒業、13年東京藝術大学大学院 美術研究科絵画専攻修了、17年シュトゥットガルト造形美術大学修了。顔や動物、山や家など、身近でありながら、自身のイメージによってどこか異質さを伴ったモチーフを描き、目に見えない精神的な世界を表現している。

 西村は、佐藤と山口はタイプの違う画家であるとしながら、「いずれもイメージの昇華というプロセスを経ることによって成立している」「それぞれの絵画が最終的に志向している場所は決して遠くない」と述べている。

 本展では、佐藤と山口の作品を点在させ、共通点と相違点が際立つように展示。形態のイメージが絵画的に昇華されるプロセスを明らかにし、2人の画家を通して現代絵画のリアルを問う。


開催期間

2019年8月23日~2019年9月3日


休館日

会期中無休


時間

12:00~19:00(最終日は17時まで)


入場料

無料


会場

KOMAGOME1-14cas


会場住所

豊島区駒込1-14-6 (株)東京スタデオ1F


関連Webサイト

https://www.tokyo-studio.co.jp/exhibition