• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

ボージャックホースマンと味わう25のお鍋


 

清水哲朗
大学院 教授

他、25名


 学部清水ゼミナールと大学院プロジェクト「ザ・インスタレーション」では、2019年度前期末合同企画として「ボージャックホースマンと味わう25のお鍋」展を7月4日(木)〜7月11日(木)まで、10号館1階吹き抜けスペースで開催致します。かつて人気ドラマのスターとして一世を風靡していたけれど、今ではすっかり落ちぶれてしまった人気アニメ主人公ボージャックホースマンを展覧会のシンボルとして本展は構成されています。私たちは、毎週の教室での、各自の「コラージュ・ノート」制作からすべてを始めて行きました。日常の様々な「既成」の枠組みから解き放たれ、一つ一つの断片(広告の一部、気ままなドローイング、旅の思い出の一品・・・)などを自由にノートに貼り付けて行きました。そしてそのことで、少しずつ自分なりの「物語」を、ノートの1ページ、1ページに刻みつけて行きました。そんな風に出来上がって行った25人のメンバーのそれぞれ異なる「25の物語」が、本展の全ての基礎をなしています(会場の一角に「コラージュ・ノート」が展示されていますのでご自由にごらんください)。それぞれの「インスタレーション」も、その「物語」にもとづき、構成されています。そして本展の最終日7月11日(木)17:00〜 は、インスタレーション会場の一角「芝居パフォーマンスコーナー」で25人全員による「物語パフォーマンス」を行って行きます。それぞれのメンバーは25の「自分の物語」、「他者の物語」と様々に自由に関わり合い、演奏、ボーカル熱唱として、言葉(朗読)として、ファッションデザイン(画)として、写真として、映像として・・・さまざまな形で「物語」との出会いを繰り返し、自分なりの、そして他者と関わりあってこその表現を、自由に、自在に展開して行きます。パフォーマンス是非お越しいただきご覧下さい。いつ果てるともしれないシンンボル、ボージャックホースマンとの25の物語を介した共演。この多様な関わり合いそのものとしての共演を私たちは、本展タイトル「ボージャックホースマンと味わう25のお鍋」と呼びたいと思います。皆様も本展、7月11日夕刻パフォーマンスにどんどんご来場いただき、ボージャックホースマンとご一緒に「25のお鍋」を味わってください。
本展開催にご協力くださいましたすべての方に心よりの御礼を申し上げます。

2019年7月
清水ゼミナール
大学院プロジェクト「ザ・インスタレーション」
担当教員 清水哲朗

              


開催期間

2019年7月4日~2019年7月11日


休館日

日曜日


時間

10:00〜17:00


入場料

無料


会場

東京造形大学10号館1階吹き抜けスペース


会場住所

八王子市宇津貫町1556