• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ


 

安野太郎
映画・映像専攻領域 非常勤講師


東京造形大学デザイン学科映画・映像専攻領域の安野太郎非常勤講師が、「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ」の日本代表作家として出展しています。「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」をテーマとし、日本館で展示が行われています。

Cosmo-Eggs. This collaboration between an artist, a composer, an anthropologist, and an architect aims to create a platform from which to consider the ecology where humans and non-humans coexist, as well as questions of where and how we can survive within our world. Four instances of video footage filmed by Motoyuki Shitamichi that capture ‘tsunami boulders’ washed ashore from beneath the ocean are accompanied by Taro Yasuno’s composition, reminiscent of a bird song consisting of automated sounds performed on recorder flutes, and allegories developed by Toshiaki Ishikura in reference to various local beliefs and folklore related to the tsunami. Fuminori Nousaku was inspired by the architecture of the Japan Pavilion, linking together images, music, and texts to create a unified spatial experience.

主催 国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
出品作家:
下道基行(美術家)、安野太郎(作曲家)、石倉敏明(人類学者、秋田公立美術大学准教授)、能作文徳(建築家、東京電機大学准教授)
キュレーター:
服部浩之(キュレーター、秋田公立美術大学大学院准教授、アートラボあいちディレクター)


開催期間

2019年5月11日~2019年11月24日


休館日

月曜日休館


時間

10:00 – 18:00


入場料

--


会場

会場 カステッロ公園内 日本館


会場住所

Padiglione Giapponese Giardini della Biennale, Castello 1260


関連Webサイト

https://www.labiennale.org/en/art/2019/national-participations/japan