• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

第27回モリサワ文字文化フォーラム [個と群と律] 組市松紋の仕組み


 

野老 朝雄
客員教授


野老朝雄客員教授が、東京2020公認プログラム「第27回モリサワ文字文化フォーラム 『[個と群と律] 組市松紋の仕組み』」(主催:株式会社モリサワ、後援:日本グラフィックデザイナー協会、日本タイポグラフィ協会)にて講演します。

■開催概要:
タイトル:第27回モリサワ文字文化フォーラム [個と群と律] 組市松紋の仕組み
日 時:2019年6月27日(木)15:00~17:00(14:30開場)
場 所:モリサワ本社 4F大会議室(大阪市浪速区敷津東2-6-25)
参加費 :無料
定 員:150名
主 催:株式会社モリサワ
後 援:日本グラフィックデザイナー協会、日本タイポグラフィ協会

■申込方法:当フォーラム専用サイトよりお申込みください
https://morisawa.eventcreate.net/ticket/6180/order

■講演概要
美術家・野老朝雄氏は、9.11アメリカ同時多発テロに大きなショックを受け、世界の断絶を「つなげたい」という願いからピースマークを考え始めました。そのマークをつなげることが、現在の紋様制作の出発点になっています。紋や紋様の平面作品はコンピューターを使って作図していますが、紋様をかたちづくる[個]と[群]は組体操のように一つ一つパーツを置いて描く手法のため、コンパスと定規さえあれば再現可能です。
野老氏の代表作のひとつである「東京2020エンブレム」は菱形パーツを組み合わせることがベースになっています。今回の講演では「組市松紋」の仕組みを紐解きながら、野老氏の制作の核になっている「律」について語ります。


開催期間

2019年6月27日


休館日

なし


時間

15:00~17:00(14:30開場)


入場料

無料


会場

モリサワ本社 4F大会議室


会場住所

大阪市浪速区敷津東2-6-25


関連Webサイト

https://morisawa.eventcreate.net/ticket/6180/order