• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

【母袋俊也展 《Koiga-Kubo》 1993/2017 そして〈Qf〉】


 
地図上のマーカーの位置は実際の住所とずれる場合があります。

出展者

母袋俊也
絵画専攻領域 教授


絵画表現におけるフォーマ-ト(画面の縦横比)と精神(メッセージ)との相関をメインテーマにして絵画制作を展開している美術家・母袋俊也(1954-)。
母袋は1999年、風景をさまざまのフォーマ-トの窓で切り取る野外作品〈絵画のための見晴らし小屋〉を開始、その切り取られた「光景」をモデルに「絵画」の制作を進めています。展示空間を飛び出すように、外の風景を取り込み、内外を結ぶインスタレーション作品として昇華されます。
それら横長フォーマ-ト、偶数組、非中心性、水平性の作品群は〈TA〉系と名づけられ、正方形フォーマ-トの水平性にも垂直性にも中心を持ち、統合的な課題を果たそうとする〈Qf〉系とともに母袋絵画の主要な「系」を形成しています。

本展では、1993年に岡山県北西部の鯉が窪湿原を描いた《Koiga-Kubo》(12枚組)と今展のために、同一のフォーマートで描かれた新作《Koiga-Kubo》(6枚組)の新旧の〈TA〉系2点が、展示ギャラリー内で対面展示されることになります。また壁上部には空の絵〈Himmmel Bild〉が展示され、絵画作品の前面には〈枠窓〉が設営され、画面内の像は枠での切り取りによって新たな「像」を浮び上げることになります。小展示室では〈Qf〉系が対比的に展示されます。
国内外で個展やグループ展を開催する母袋にとって岡山では初個展になります。


開催期間

2017年10月21日~2017年12月3日


休館日

月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は開館)、祝日の翌日


時間

9:30~17:00(入場は16:30まで)


入場料

一般200円(高校生以下・75歳以上は無料)


会場

奈義町現代美術館(Tel.0868-36-5811)


会場住所

岡山県勝田郡奈義町豊沢441

地図上のマーカーの位置は実際の住所とずれる場合があります。


関連Webサイト

 http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/