• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

大辻清司・高梨豊 ― 写真の「実験室」と「方法論」―


左:大辻清司《「大辻清司ポートフォリオ」より 焼け残りの蔵 中野坂上》1940年代 東京造形大学附属図書館蔵
右:高梨豊《初国 島根県簸川郡大社町 出雲大社 1985年1月》1985年 東京造形大学附属美術館蔵

 この展覧会では、写真という限定された枠組みを超える視点を持ちながら、表現者としての自身の根拠を問い続けた2人の写真家の活動を紹介します。
 1966年に開学した東京造形大学の写真専攻(1971-80年は映像専攻)の教育で草創期から中心的な役割を果たしてきた大辻清司(1923年-2001年)と高梨豊(1935年生まれ)は、日本の写真史においても重要な仕事を残しています。本展はその仕事を現在の視点から改めて検証すると同時に、昨年創立50周年を迎えた東京造形大学の写真専攻を写真史的な視野において考察するものです。
 戦前期からのアヴァンギャルド芸術を継承する大辻の「実験室」と、1960年代という“異議申し立て”の時代に出発した高梨の「方法論」は、異なったアプローチではありますが、その作品は多様性によって特徴づけられています。しかしながら、それは芸術家としての個を外部へと拡張していくようなものではなく、過去の自己や物語を切断しながら現在を確認する作業を意味していました。そうした観点から、本展では、多様な表現を超えた場所に現われる写真作家としての一貫した姿勢を提示します。
 主な出品作品として、大辻の1950年代の《陳列窓》《無言歌》や1970年代の《日が暮れる》《むかしの家》などのプリント、1955年に制作された実験映画《キネカリグラフ》(1986年再制作)などの映像作品を、高梨の1960年代の《東京人》《都市へ》、80年代の《都の貌》、90年代の《地名論》、2000年代の《WINDSCAPE》といった日本の都市や風景を問い直す作品などを展示します。

2017年9月13日(水)-10月12日(木)
休館日:日曜・祝日および9月20日(水) 
※ただし9月18日、10月9日は開館
開館時間:10:00~16:30(入館16:00まで)
入館無料


大辻清司《「大辻清司ポートフォリオ」より 氷紋》1956年 東京造形大学附属図書館蔵


高梨豊《silver passin’ 王40甲》2008年 東京造形大学附属美術館蔵

【関連イベント】 
 ・高梨豊 特別講義「“写真作家”とは何か?」
  日 時:2017年10月3日(火)16:40-18:10 
  会 場:東京造形大学4号館桑沢記念ホール2階4-B教室
  講 師:高梨豊(写真家)
  聞き手:タカザワケンジ(写真評論家・ライター・東京造形大学非常勤講師)

  参加費無料 事前申込不要  
  どなたでもご参加いただけます。

 ・シンポジウム「継承と展開 ―写真について/写真を介して―」
  日 時:2017年9月25日(月)17:00-19:00     
  会 場:東京造形大学12号館2階201教室   
  パネリスト:潮田登久子(写真家)
        鈴木秀ヲ(写真家・東京造形大学非常勤講師)
        小平雅尋(写真家・東京造形大学非常勤講師)
        門田紘佳(写真家)
  モデレーター:中里和人(東京造形大学教授)
         藤井匡 (東京造形大学准教授)
    
  参加費無料 事前申込不要
  どなたでもご参加いただけます。

 ・ギャラリートーク
    第1回9月13日(水)17:30-18:10
    第2回9月26日(火)13:30-14:10
    担 当:藤井匡(東京造形大学准教授)、附属美術館学芸員
    参加費無料 事前申込不要
    どなたでもご参加いただけます。

主  催:東京造形大学附属美術館
協  力:東京造形大学附属図書館