• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

東京五輪エンブレムデザイナー 野老 朝雄 客員教授 特別講演を行いました

2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムをデザインした野老朝雄客員教授が7月12日(火)、学内講演を行いました。

前半は、「個と群」をテーマに、これまでの自身の作品の着想や、作品に込めたメッセージについて解説。図形を精緻な計算に基づき配置する「野老紋様」の代表作・イッセイミヤケのバッグ「BAOBAO」など、さまざまな分野で発表された作品が紹介されました。

後半は、会場からたくさんの質問が挙がりました。
「伝統文化を守っていくことの難しさについてどう考えますか」という質問に対して野老氏から、「古い工芸品を大切に保管したり、電子アーカイブ化したりすればいいわけではない。人々が愛情をもって、伝統文化に込められた思いを継承していくことが大切ではないか。学生の皆さんも、ぜひ頑張ってください」と在学生にエールが送られました。

 尚、当日の様子は、毎日新聞「@大学」でも、記事で紹介されています。
 「東京五輪エンブレムデザインの野老氏が後輩に向け講演」(2016.7.28掲載)

024