• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

東京造形大学ZOKEI講座2016開催のお知らせ

講師:アニメーション史家・ジャンアルベルト・ベンダッツィ氏(イタリア) 
演題:ザグレブ派の初期作品について

 東京造形大学では昨年度に続き、世界的に名高いイタリアのアニメーション史家、ジャンアルベルト・ベンダッツィ先生をお招きして、渋谷の東京造形大学サテライト教室を会場に、東京造形大学ZOKEI講座(公開講座)を開催いたします。アニメーションに関心をお持ちの幅広い方々のご参加をどうぞよろしくお願いいたします。

■演題:ザグレブ派の初期作品について
 旧ユーゴスラビア・クロアチアの「ザグレブ・フィルム」を中心に作られアニメーション史上でも高い評価を受ける一群のアニメーション作品は、映画史家のジョルジュ・サドゥールや批評家のアンドレ・マルタンらによって「ザグレブ派」と名付けられました。本講座ではザグレブ派の初期作品についてご講演いただきます。

●講師:ジャンアルベルト・ベンダッツィ/アニメーション史家(イタリア)
○通訳・協力:イラン・グェン/東京芸術大学特任准教授

●日時:2016年7月3日(日)午後2時00分~同5時00分
●会場:東京造形大学サテライト教室
    東京都渋谷区神南1-4-17 桑沢デザイン研究所ビル7F
    渋谷駅ハチ公口から徒歩約10分/原宿駅表参道、口千代田線明治神宮前駅1番出口から徒歩約7分
    http://www.kds.ac.jp/about/access/
●受講料無料(定員40名)

●主催:東京造形大学
 招聘協力:南洋理工大学(シンガポール)

●申込先:seminar@anizo.org(担当:小出)
 参加ご希望の場合は、件名を「7/3 ZOKEI講座申込」として、お名前、ご所属を明記の上、メールにて上記アドレスまでお申し込み下さい。

●講師プロフィール:Giannalberto BENDAZZI(ジャンアルベルト・ベンダッツィ)
014 1946年イタリアのラヴェンナ市生まれ。アニメーション映画史家。ミラノ大学教授(2002-09)、シンガポールの南洋理工大学客員教授(2013-15)。記者として活動を始め、その傍らアニメーション映画における世界の動向を数十年にも渡り捉えて、研究を長年続けた成果を1970年代後半から数多くの著作で発表。イタリア語に限らずフランス語・英語等でも国際的に活躍している。晩年のアレクサンドル・アレクセイエフ(Alexandre Alexeieff、1901-1982)との交流から、その作品の研究と紹介に大きな力を注いだ。喜劇を中心に、実写映画に関する著作もある。その代表的な著作である『Cartoons(アニメーション映画百年史)』はイタリア語(1988, 1992)、フランス語(1992)、英語(1994, 1995, 1999, 2003)、スペイン語(2003)、ペルシャ語(2007)で出版されており、まさに世界アニメーション映画史の定番とされている大著である。10年を費やした新著『Animation – A World History(アニメーション-その世界史)』(全3巻)が昨年、アメリカの出版社から刊行された。ザグレブ国際アニメーション映画祭で創設された「アニメーション理論分野への特別業績賞」の最初の受賞者(2002年)となった。