• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

学生・関係者の活動 詳細

書籍出版『ヨーロッパ文明の起源』


 

池上英洋
教養科目 教授


本学の池上英洋教授による以下の書籍が刊行されました。

『ヨーロッパ文明の起源 聖書が伝える古代オリエントの世界』
著:池上英洋
筑摩書房、2017年11月刊行
総頁数240頁

内容: ヨーロッパ文明の両親にあたるメソポタミアとエジプトの両文明は、どのように西洋文明の礎となったか、聖書の「バベルの塔」や「人類の創造」などの記述を手がかりに、その由来と伝播の過程を解き明かしていく。
構成: はじめに―エジプト人はフンコロガシを見て何を思ったか、第1章 ノアの洪水は本当にあったか―世界中にある「洪水伝説」、第2章 なぜ巨大遺跡は古代にしかないのか―神と王と民の権力構造、第3章 古代人の世界観―文明と神話の成り立ち、第4章 古代文明の実像―古代人の暮らしをのぞく、おわりに―古代文明を殺したのは誰か