• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

ZOKEI NEXT50 写真専攻卒業生展示の様子

「ZOKEI NEXT 50」東京造形大学の教育成果展の様子 | Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5 | Vol.6 | Vol.7

11/8日(火)~11/13(日)に開催された『寺田哲史 写真展(Real Fur)』と11/18日(金)から開催している二人展『伊藤真澄 写真展(マージナル・ランドスケープ)』・『松田真生 写真展(site)』の様子をお伝えします。

伊藤真澄・松田真生写真展は11/27(日)まで開催していますので、多くの皆様のお越しをお待ちしております。
 
 
寺田哲史 写真展「Real Fur」(TOTEM POLE PHOTO GALLERY・四谷
 
 
“Real Fur”は、牛の体毛の記録を通じて、牛やそこで生きる虫たちの生活の痕跡、存在そのものを見つめている現在進行中のシリーズ。食文化における家畜との関わりに焦点を当てた作品を制作。

20161124001-2
 
 
伊藤真澄 写真展「マージナル・ランドスケープ」(マキイマサル ファインアーツ・浅草橋

人間と自然が作り出した社会的風景による新たな関係性をテーマに作品を制作。時間の経過や天候・気候などによって変化していく「自然」の要素と、変化しないものとしてつくられた「人工物」を対比しながら考察している。

20161124001-1
 
 
松田真生 写真展「site」(マキイマサル ファインアーツ・浅草橋

夜の東京の日常を被写体としたシリーズ「site」。意識的に拾うことのない風景を通して、ありふれた街並みの中に偏在する虚構性に満ちた日常のあり方を捉えている。

20161124001-3