このページは印刷用に最適化されたレイアウトでプリントされます。

東京造形大学大学院 Webサイト

出願書類・資料請求 お申し込み受付中


募集要項(修士課程)

大学院造形研究科造形専攻(修士課程)入学試験は、デザイン研究領域および造形教育研究領域を対象に12月と3月に各1回、美術研究領域を対象に3月に1回実施しています。
デザイン研究領域及び造形教育研究領域では、研究計画書、ポートフォリオ(作品)または論文、小論文、面接を総合して選考し、
美術研究領域では、研究計画書、ポートフォリオ、作品または論文、小論文、面接を総合して選考します。

募集要項・出願書類の請求

大学院(修士課程)入試の募集要項および出願書類は、テレメールのサービスを利用してオンラインでご請求ください。

資料請求(テレメール)

なお、募集要項は下記リンクからPDFファイルをダウンロードしてご覧いただけます。
募集要項PDFダウンロード




入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

募集人員(入学定員)

専攻 研究領域 募集人員
造形 デザイン 50
美術
造形教育

入学検定料

25,000円 (本学出身者は10,000円)

災害救助法適用地域の志願者に対する入学検定料の免除について

出願期間

A日程 [デザイン研究領域/造形教育研究領域]
2017年11月10日(金)~11月17日(金)郵送受付(消印有効)
B日程 [全研究領域]
2018年2月8日(木)~2月15日(木)郵送受付(消印有効)

※外国から出願する場合は、締切日必着とします。

出願資格

本大学院入学時(2018年4月1日)において22歳以上であり、次のいずれかに該当する者。
または、2018年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

  1. 大学を卒業した者。
  2. 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者。
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了し、学士号を取得した者。
  4. 外国の学校が行う通信教育を日本国内で受講することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了し、学士号を取得した者。
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度により認められた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者。
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者。
  7. 文部科学大臣の指定した者。
  8. 上記以外の者で、本大学院が個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

※留学生がB日程入試に出願する場合は、2018年3月までの「留学」資格を有していることが必要です。
※外国籍の者(本学在学生、日本国の永住許可を得ている者、特別永住者を除く)は、出願資格に日本語能力試験(N2以上)の合格、もしくは日本留学試験「日本語」240点以上が出願条件となります。

出願前の手続き

出願資格7.8.で出願しようとする者は、出願前に出願資格について事前審査を行います。下記の書類を提出期限までに提出し、審査を受けてください。

提出書類
  1. 出願資格審査申請書(下記所定用紙をダウンロードしてください)
    出願資格審査申請書
    ※ダウンロードができない場合は本学進路支援センターへ連絡してください。
  2. 最終出身学校の卒業(見込)証明書
  3. 最終出身学校の成績証明書
  4. その他、出願資格を証明する書類
提出期限
A日程受験者:2017年11月2日(木)郵送(必着)
B日程受験者:2018年2月1日(木)郵送(必着)
お問い合わせ・書類送付先
東京造形大学 進路支援センター
〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556
TEL:042-637-8111
FAX:042-637-8731

事前面談

出願に際しては、志望教員との事前面談が必要です。事前面談の申し込みは本学ホームページにて受け付けます。詳細については9月上旬に本ホームページに掲載します。
※本学造形学部の卒業(見込み)者で、卒業研究・制作の指導教員を志望する場合は、事前面談は必要ありません。


事前面談申し込み期間:
A日程:2017年10月2日(月)~10月13日(金)
B日程:2017年12月4日(月)~12月15日(金)

出願書類

○入学願書(本学所定用紙)
○出願資格を証明する書類および成績証明書等
○研究計画書(本学所定用紙)
○入学検定料納入証明書貼付用紙
外国籍者(本学在学生、日本国の永住許可を得ている者、特別永住者を除く)のみ以下の1.~4.の書類
 1.出願資格審査申請書(本学所定用紙)
 2.日本語能力試験「認定結果及び成績に関する証明書」(コピー不可)または日本留学試験「日本留学試験成績に関する証明書」(コピー不可)
 3.「在留カード」の表裏両面の写し(日本に居住している外国籍の者のみ)
 4.「パスポート」の写し(外国に居住している外国籍の者のみ)

試験日・提出資料受付日

A日程 [デザイン研究領域/造形教育研究領域]
試験日:2017年12月9日(土)
提出資料受付:2017年12月9日(土)9時00分~9時30分、本学12号館2階(大学院棟)
B日程 [デザイン研究領域/造形教育研究領域]
試験日:2018年3月2日(金)
提出資料受付:2018年3月2日(金)9時00分~9時30分、本学12号館2階(大学院棟)
B日程 [美術研究領域]
試験日:2018年3月2日(金) 試験会場受付:本学12号館(大学院棟)
提出資料受付:2018年3月1日(木)10時00分~13時00分、本学12号館(大学院棟)

試験場

試験場:東京造形大学 → 交通アクセス

試験内容および試験時間

デザイン研究領域/造形教育研究領域

1.提出資料
提出資料は下記のとおりです。
(1)ポートフォリオ1冊または論文1点のいずれかを提出
  • 「ポートフォリオ」の場合は、サイズはA4以上で、過去4年以内に制作した複数の作品や課題の写真、図面、コンセプト、エスキース、関連資料、および大学院における研究内容と関連する資料をまとめたものとする。ただし、ポートフォリオ形式でまとめられない作品(※映像等)の場合は、作品を2点まで提出することができる。
    ※ 映像作品全体の上映時間が30分を超える場合は、出願書類に同封して提出すること。
  • 「論文」の場合は、本論文および2000字程度の論文要旨(論文、論文趣旨ともに日本語または英語で、英語の場合は700単語程度。)を出願書類に同封して提出すること。
    ※試験当日の論文提出はできません。
2.小論文 10:00 ~ 11:30
3.面接(5分程度のプレゼンテーションおよび10分程度の質疑応答) 13:00 ~
※プレゼンテーションにはプレゼンテーションボードまたは自力で搬入・搬出ができるものに限り持参しても構いません。

美術研究領域

1.提出資料
提出資料は下記のとおりです。
(1)ポートフォリオ1冊
  • 過去に制作した作品の写真や関連資料などを中心に作成すること。今後の研究意図を示すエスキース・作品プラン、文章などを加えても良い。規格は自由とする。
(2)作品(絵画、版画、彫刻、その他の作品)2点以内または論文1点
  • 「作品」の場合は、過去2年以内に制作したものに限る。提出作品の大きさについては、各自で手配し設置できる範囲の作品とする。
  • 「論文」の場合は、本論文および2000字程度の論文要旨(論文、論文要旨ともに日本語または英語で、英語の場合は700単語程度。)を出願書類に同封して提出すること。
    ※試験当日の論文提出はできません。
2.小論文 10:00 ~ 11:30
3.面接(5分程度のプレゼンテーションおよび10分程度の質疑応答) 13:00 ~
※プレゼンテーションにはプレゼンテーションボードまたは自力で搬入・搬出ができるものに限り持参しても構いません。

合格発表

A日程 :2017年12月14日(木)
B日程 :2018年3月8日(木)

合格者には「合格通知書」および「入学手続書類」を郵送します。合格発表後4日間を過ぎても届かない場合は、本学進路支援センターまでお問い合わせください。
合否確認の補助的な手段として、インターネットによる合否案内を実施します。利用方法は募集要項でご確認ください。
なお、入学試験の合否に関して、電話などによるお問い合わせには一切応じられません。

その他、注意事項

  1. 過去に出題した小論文の問題については、ホームページに掲載しています。
    http://www.zokei.ac.jp/in/admission/inmondai.html





Tweet