• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

写真


 

ZOKEI PHOTO

< これからの写真が創造する記録、アート、社会性に向かって >

視覚表現としての写真を学び、いまの時代に求められる新たな写真の可能性、社会性を研究します。
デザインと美術の領域を自在に横断し、社会のなかで現代的な課題に取りくめる先端的総合力を育成します。

ドキュメンタリーフォトグラフィ

撮影対象を客観的に観察することを主題に、私と社会との関係性を考察しながら、写真の記録性、記憶性を研究します。

クリエイティブフォトグラフィ

新しい時代に現れる写真のビジョンを主題に、アートとしての写真概念や、さまざまなメディアにおける写真表現の創造性を研究します。

エリアスタディ

地域社会の中での新たな写真の方向性、有用性に着目し、ワークショップやプロジェクト、アーカイブズなどを実践します。
写真と地域が双方向的に交流しながら、これから写真が果たす先端的な社会性を研究していきます。


学生の作品


学習内容

1年次

フィルムイメージングとデジタルイメージングの基礎を学びながら、広く写真の技術や表現を習得します。
写真展や美術展、写真集や映像などの作品を見ることで、写真表現の多様性や社会性に触れながら、現代の写真をとりまく状況を概観していきます。

2年次

専門性の中心となる研究指標科目ドキュメンタリーフォトグラフィ、クリエイティブフォトグラフィが始まり、その歴史、概念、実例を学びます。
校外やスタジオでの撮影実践、講評などを通じ、作品コンセプトや自身の表現の方向性を見つけます。

3年次

専門性の高い多様な授業を通じ、自身の視覚言語を獲得できるよう写真表現能力を高めていき、表現と社会との関係性を研究します。
新たな研究指標科目エリアスタディが始まり、社会連携などを通じた写真の社会性をフィールドにて実践します。

4年次

3年間で学んだ写真技術や写真表現を集大成した作品を制作します。自身が獲得した視覚言語を駆使し、写真と社会との関係性を考察しながら、新しい時代に向けた写真の可能性や社会性を研究、発信していきます。

卒業研究

卒業研究は、自分がどこまで写真についての固有な理解者たりうるか、表現者たりうるか、あるいは研究者たりうるか、それを自由に実践してみる機会です。写真の学習とは直接的な職能につながる学習に限られるものではありません。さまざまな学習を通じて写真の多様な面を知ってきた学生個々が、写真を含めたさまざまな表現法や、いかに職能領域の方法に応用していくか、この自己主張が、卒業研究の目的です。


取得可能な資格

中学校教諭1種(美術)教員免許、高等学校教諭1種(美術・工芸)教員免許、学芸員


卒業後の進路

写真家、各専門領域フォトグラファー(建築、製品、ファッション、スポーツなど)、美術家、映像作家、絵本作家、デザイナー、ジャーナリスト、キュレーター、展示ディレクター、ラボ・ディレクター、編集者、教師、研究者ほか


1学年の学生数

21人 *2017年度1~4年の平均学生数


専攻科目の授業内容

Webシラバス


専攻領域サイト

写真専攻領域サイト


担当教員紹介 >教員一覧へ