• 在学生
  • 教職員
  • アクセス
  • 資料請求
  •  MENU
  • 在学生
  • 教職員
  • 大学について
  • 教 育
  • 学生生活
  • 進路・就職
  • 研究活動
  • 入学案内
  • 保護者の方
  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 企業・一般の方
  • 大学院
  • 附属美術館
  • 附属図書館
  • ENGLISH SITE

映画

撮影から上映までの流れを技術とともに学ぶ。

日常のなかにある世界をどのように映画に取り組み(撮影)、映像の連なりとして捉え(編集)、再び外部へと発信(上映)していくか。長い歴史のなかで培われたさまざまな映画技術を学びながら、制作から発表までの一連の流れを学びます。

芸術的な映像表現のための精神と技法を習得する。

劇場で公開される商業映画のみが、本専攻領域が目指すところではありません。現代芸術の一環でもある表現手法を学ぶために、メディアとしての映像の必要性、そこから発信されるコミュニケーションの手法、その制作に必要な技術などを習得していきます。

音響と映像との強固な結びつきを知る。

映画は、連続した画像(映像)と音が融合した芸術でもあります。本年度からは、その音の部分にフォーカスを当て、音響技術の講座を強化していきます。また、音響と映像との関係性についても、詳しく講義していきます。


学生の作品


学習内容

1年次

対象を観察しながら、カメラを通じて映像に取り込んでいく。また、撮影した映像を時間軸に並べ、編集しながらメッセージを作りだす。撮影と編集という映画に必要不可欠な基本的な要素を学習します。

2年次

1年で学んだ基本的な制作技術にさらに磨きをかけながら、制作に必要な機器の操作術、シナリオの書き方など実践的な取り組みをします。また、さまざまなジャンルの映画、映像作品を鑑賞しながら、その制作法の違いについて研究していきます。

3年次

2年間で体得した技術や知識をもとに、自身の映画・映像表現をより深いものにしていき、各自の研究指標に沿って、3年次修了までに一つの作品を制作します。また、業界で活躍する作家陣と直接触れ合うことで、映画を取り巻く現況について詳しく学びます。

4年次

3年間で培ったものをベースに、自身の研究課題へと集約する実践を行います。それぞれの学生の資質や個性を大切にしながら、社会との関わりが持てるように、教員たちが強力にサポートしていきます。

卒業研究

卒業研究ではこれから進もうとする社会性を考慮したプロジェクトを各自で設定し実施します。学生は自分の方向にそって適した教育スタッフの一人を指導教員に選び、サポートを受けます。そして4年間の学習成果を活用して自己主張し、今日の映像に向けられた要望にどのようなインパクトを与え得るかを確かめるのです。


取得可能な資格

中学校教諭1種(美術)教員免許、高等学校教諭1種(美術・工芸)教員免許、学芸員


卒業後の進路

映像作家、ビデオアーティスト、映画監督、映画・映像カメラマン、 映像ディレクター、映画編集者、編集者、音響クリエイター、ゲームデザイナー、アニメーションクリエイター、漫画家、小説家、脚本家、展示映像プロデューサーほか


1学年の学生数

36人 *2015年度1~4年の平均学生数


専攻科目の授業内容

Webシラバス


専攻領域サイト

映画専攻領域サイト


担当教員紹介 >教員一覧へ